モウソウの森

外資系の日常、英語学習、バリ旅行、エクササイズ、アニメ、ゲームなど。

スネーク滑走は最初は足踏みからスタートすると簡単

スネーク滑走

スケート教室で、ついにスネーク滑走を習い始めました。

足踏みとひょうたんばかりの2か月、長かった・・・。

予習として事前にYouTubeなどの動画を見て、それっぽい動きをやってみてもできませんでした。

前に進まないのです。

 

教室では最初に足踏みで進んで勢いをつけてから、3回ぐらいクネクネしてみるのから始めました。

さすが教室!

慣れてなくてもできる方法を教えてくれるところが、教室に通う良いところです。

勢いがついていると5回ぐらいはクネクネできました。

上半身をクネクネさせると、よりやりやすいです。

 

左右の足をそろえてクネクネさせるのは、バランスをとるのがちょっと難しくなるので怖さアップです。

でも片足滑走に比べたら、両足がついている安心感って半端ないですね。

 

新しい技を習うとマンネリしていた自主練もはかどります。

ひょうたんができなくて自主練で何回もリンクに通ったのが懐かしい・・・。

スケートは自転車と同じで慣れたら誰でも滑れる、という言葉を信じて1つずつマスターしていきます。

 

スネーク滑走は慣れたらよほど楽な滑り方らしく、リンクで友人とおしゃべりしながら移動している人はたいていスネークです。

「足は全く意識していません」という感じが、初心者から見たらかっこいいです。

そんな無意識に滑れるんだ~、といつも感心します。

 

一番初めにリンクで練習している人を見かけて「すご技!」と思ったのが、片足スネークです。

両足に比べたら難易度が10倍ぐらいはあることでしょう。

バックの片足スネークなんて「どうなっちゃってるの?」と思います。

いつか自分ができたらすごい。

それまで「スケートは本当に自転車と同じなんですか~!?」と何回思うことでしょうか。

そのころには、始めたばかりの人に物知り顔で「スケートは自転車と同じだよ」と言いたいです。