モウソウの森

スケート、外資系の日常、英語学習、バリ旅行、エクササイズ、アニメ、ゲームなど。

スケート個人レッスンは初心者こそ申し込んだ方がいい

個人レッスン

スケート教室に通い始めて3ヶ月目です。

片足滑走ができなすぎて埒が明かないため、個人レッスンを受けてみました。

 

そもそも、個人レッスンってどういう人が受けるものでしょうか。

一通り技を習得して教室を卒業した人が受けるものだと聞いていました。

そのため初心者が申し込むのには抵抗があって遠慮していたのです。

 

結果、すごくよかったです。

先生の希望なしで申し込んだところ、一番お高い先生が担当になりました。

そのため30分で4000円と、ちょっとお値段はしましたけれど。

 

片足滑走ができない悩みを伝えて、レッスンスタートです。

まず普通に滑って、ひょうたんをしてから片足の練習です。

ひょうたんはできているつもりだったのですが、足を延ばす時のタイミングが少し遅いことが発覚しました。

どうりでスムーズじゃなかったんですね。

グループレッスンでは指摘してもらえなかったので、個人を受けてよかったと思いました。

 

片足滑走は、姿勢から直されました。

自分が思ったより反り腰が正しいようです。

また左足がインサイドに入ってしまうから乗れないのかと思っていたら、右足がインサイドに入っているという驚く指摘を受けました。

真逆だなんて自分ではわからないものです。

こんな細かい指導はグループレッスンではしてもらえず、心底個人を受けてよかったと思いました。

また、片足滑走で2回ほど屈伸を入れてやってみました。

ハードル高いと思いましたが、それによって押すという感覚がちょっとわかって浮きにくくなりました。

苦手だった利き足ではないほうに乗るのが、ちょっとだけマシになって嬉しいです。

 

30分はあっという間に終わりました。

受けて見て、初心者ほど個人レッスンを受けた方がいいのではないかとさえ感じます。

例えばピラティスは、なれるまでは個人レッスンを受けて、慣れてからグループレッスンに入るのがいいとされています。

スケートは逆なのが不思議だったのですが、やっぱり最初から個人と併用するのがベストではないでしょうか。

運動神経が良くてグループレッスンだけで上達していける人はいいですが、私のような運動苦手な人はグループレッスンだけだとできない理由を克服できずにいくらやっても上手くならないように感じます。

最初は慣れの問題かと思ったけど、できないものを同じやり方でずっとやっててもできません。

しばらくやってムリだと思ったら、大人しく個人レッスンを受けて指導された方が早いです。

ということで、定期的に個人レッスンを受けることにしました。

初心者でも申し込んで全然大丈夫です。

わたしなんて一番ベテランの先生が割り当てられて、初心者だしそんな立派な指導に値しないのにと思いましたが、優しく教えてくれました。

思い切って申し込んでよかったです。