モウソウの森

スケート、外資系の日常、英語学習、バリ旅行、エクササイズ、アニメ、ゲームなど。

スケートリンクでのロッカーレンタルが最高な件

ロッカーを借りる

スケートは楽しいけど、行き帰りの荷物が重いのが難点ですよね。

25リットルのバックパックで通っていて、重さを量ったら5キロほどありました。

5キロと言えば太ったオス猫1匹分ほどの重さです。

5キロの米の袋のほうが分かりやすいでしょうか。

2リットルの水のペットボトル2.5本分のほうがピンとくるでしょうか。

とにかく、ずっしりとくる重さです。

 

中身は、スケート靴、エッジカバー2種類、ブレードを拭く布、手袋、ニット帽、ひじ、ひざ、手首のプロテクター、リンクで着る防寒用のパーカー、財布、スマホ、お茶・・・などです。

最初にバックパックを背負ったとき、「登山か!」と思いました。

そのぐらいの大荷物です。

重くてつらい。

とくにスケート靴がかさばるし重い。

これさえなければずいぶん身軽になるのに・・・。

と思ってました。

 

そこで思い切ってスケートリンクのロッカーをレンタルしました。

1か月千円ほどです。

すると、とっても楽になりました!!

小さいバッグだけでリンクに通える幸せ。

往復だけで疲れていたのが嘘のようです。

借りてよかった。最高。

 

ただし荷物は軽くなるけれど、デメリットもいくつかあります。

  • 荷物を預けるので、他のリンクには通えない。 
  • 通気性が良くないのでスケート靴が痛むかもしれない。

 

他のリンクに行くときは、ロッカーから荷物を回収しないといけないのがちょっと面倒です。

でもほとんど1か所しか行かないなら問題ありません。

私は最初は2か所に通ってたのですが、だんだん気に入ったほうにしか行かなくなりました。

 

スケート靴の通気性が最も気になるところです。

小杉スケートのHPにも、できればロッカーに入れっぱなしにしないほうがいいと書かれていたし。

気休めかもしれませんが、大き目の除湿剤を入れました。

これで様子を見ます。

 

リンクに行くときに一番重要なのは、ロッカーのカギを忘れないこと。

忘れたら何もできません。

また、滑っている時にロッカーのカギを見に付けておかないといけないので、ポケットがしっかりした服を着るか、手に付けられる何かを買わないといけないなと思っています。

 

ロッカーを借りると滑っている間の貴重品も入れておけるし、なんだか自分の部屋ができたようです。

長期間でしか借りられないので悩むけれど、しばらく続けるならばお勧めです。