モウソウの森

外資系の日常、英語学習、バリ旅行、エクササイズ、アニメ、ゲームなど。

「大体のことは20時間やれば習得できる法則」はスケートにどう当てはまるのか

20時間の法則

「たいていのことは20時間練習するとある程度習得することができる」という内容の本が少し前に流行ってました。

 これです。

たいていのことは20時間で習得できる

たいていのことは20時間で習得できる

 

この本では例として、作者がギターの練習を始めて20時間で簡単な曲を1曲弾けるようになったことを挙げてました。

ゼロから始めて、簡単な曲とは言え1曲弾けるようになるのは素晴らしいですね。

 20時間の法則スケート版

スケートではどう当てはまるのでしょう。

そろそろ自主練、教室含めて20時間に到達するので成果を振り返ってみます。

 

最初は靴の履き方さえも分からず、貸し靴で地上で歩くのも危うかったです。

リンク上では手すりにつかまって歩くだけでも怖すぎて泣きそうになってました。

今ではマイシューズを買ったし、靴紐の結び方も少し慣れてきました。

慣れないとこんがらがって難しいのです。

リンクに行ってからチケットを買って着替えて自主練、の流れもつかみました。

教室にも通い始めて友達もできました。

肝心のスケート上達ぶりはと言うと、前後ひょうたんはなんとかできるようになりました。

ギターで言う簡単な1曲は、スケートで言うとひょうたんだったのですね。(少なくとも私にとっては)

ひょうたん滑走とはこれです。


スケートの基礎「ひょうたん滑走」大須スケートリンク・スケートレッスン7

 

まだひょうたんしかできない、と焦っていたけど振り替えるとなかなかの進捗じゃないですか。

上達が早い人と比べても仕方ないので1つずつ練習していくしかありません。

 リンクに10回通ったとしても、学校の部活で言うと入部して2週間(10日)しか経ってない状態です。

そう考えると、まだ何もできなくても仕方ないですね。

気長に続けたいです。