モウソウの森

なるべく疲れずに生活の最低限をクリアするズボラライフを研究。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

知床旅行⑬羅臼の道の駅から北方領土を眺め、「北の国から」純の番屋でランチ

羅臼の道の駅

セセキ温泉からレンタカーをまた30分走らせて、羅臼の町に戻りました。

お昼近くになると濃霧がちょっと晴れてきました。

雨もギリギリ降らなくてラッキーです。

道の駅、らうす海鮮市場でお土産を物色。

らうす海鮮市場はわりと営業が激しく、おばあちゃんにつかまってなかなか離れられずに苦戦しました(笑)

 

売店で深層水ソフトを食べながら、北方領土を眺めます。

 

道の駅の前の道路を渡ると、目の前に国後島が広がっているはずが・・・

曇っていてあまり見えません。

 

左には羅臼漁港が。

あの灯台、北の国からに出て来たやつだろうな。

 

・・・突然町にすごい音でサイレンが鳴り響きました。

北朝鮮からミサイルが飛んで来たのかと思ってビビっていると、12時の合図だと判明。

いや〜、すごい音鳴らしますね。

知らなかったら確実に何事かと慌てます。

 

純の番屋

ランチは道の駅からすぐ近くの「純の番屋」に行きました。

「北の国から2002遺言」で純が住んでいた番屋のレプリカです。

本物はセセキ温泉のかなり先の行きにくいところにあるので、レプリカでも来られてよかったです。

 

中には提灯や「〜丸」みたいな漁船の旗がたくさん飾られています。

 

店員のおばあちゃんが、メニューを説明してくれました。

おすすめだという北の国から定食と、つぶ貝の刺身をいただくことに。

 

北の国から定食1600円ぐらい。

サメカレイの煮付けがコラーゲンたっぷりで美味しかったです。

 

つぶ貝の刺身680円。

結構ボリュームがあって、コリコリして甘くてすごく美味しかったです。

 

お店の入り口には「北の国からパスポート」に押せるスタンプがあります。

北の国からパスポート自体を買いたかったのですが、売っていませんでした。残念。

もうどこでも買えないのかな。

今更買う人もあまりいないでしょうしね。

 

純の番屋は、レビューで「ザ・観光地価格」と書かれてていたけど、おばあちゃんの接客もアットホームだし意外とよかったです。