モウソウの森

外資系の日常、英語学習、バリ旅行、エクササイズ、アニメ、ゲームなど。

成城石井の製菓用ホワイトチョコは普通に食べるのにもコスパ最高

成城石井の製菓用ホワイトチョコ

 以前、成城石井の製菓用のクーベルチュールチョコは普通に食べてもおいしいという記事を書きました。

www.m-forest.net

 

前回食べたのはダークチョコでしたが、ホワイトチョコも気になったので買ってみました。

 ダークチョコはカカオ80%だったのに対して、ホワイトチョコはカカオ35%です。

ホワイトチョコなのにカカオ35%?

カカオって茶色いイメージでしたが、ホワイトチョコにも入ってるのですね。

 

見た目

まず、見た目が普通のホワイトチョコよりも黄色っぽいのが特徴的です。

コンビニなどで売ってるホワイトチョコはもっと白いですよね。

カカオが濃厚だと色が濃いのでしょうか。

ダークチョコが薄い円形だったのに比べて、こちらは四角いです。

同じく、一口だけ食べるのに絶妙な大きさ!

ちょっとつまんじゃおう、という気になる危険さをはらんでいます。

 

コスパ

クーベルチュールチョコは通常お高いですが、コスパはどうなのでしょう。

価格は250グラムで665円(税抜き)です。

例えば、スーパーなどでよく売られている「明治ホワイトチョコレート」は40グラムで120円ぐらいです。

仮に250グラムだったら730円ほどとなるので、カカオ含有量を考えればコスパもかなり良いと言えます。

 

食べた感想

まず濃厚なホワイトチョコの香りがします。

これが本物の香りなのでしょう。

 

口どけは・・・、カカオ含有量がダークより少ないのでダークほどのにゅるっとした溶け方はしません。

むしろちょっと固めで、少しずつ溶けていきます。

市販のホワイトチョコよりも硬派な雰囲気です。

 

そして、甘さが気になるところです。

普通のホワイトチョコって甘すぎて苦手なのです。

こちらは・・・、甘いのは甘いですがギリセーフの甘さ。

ちょっと1〜2個つまむのにピッタリです。

甘さ控えめのダークチョコのように「気づいたら15個食べてた」ということにはなりません。

 

まとめ

成城石井の製菓用ホワイトチョコも、ダークと同様に普通に食べてもコスパ良しと判明しました。

最初から一口サイズなので、割って手が汚れる心配がありません。

しかも、表面は溶けにくいのでますます溶けて手につかないです。

 

ダークとホワイトを両方買っておいて、たまに1口ずつつまむと贅沢気分を味わえるのでおすすめです。