モウソウの森

外資系の日常、英語学習、バリ旅行、エクササイズ、アニメ、ゲームなど。

お水の経験は履歴書に書くべきか

派遣会社のキャリアカウンセリング

10年ほど前に派遣社員として就業するために、派遣会社のキャリアカウンセリングをグループで受けたときの出来事が興味深かったので書きます。

この日のグループセッションは私を入れて3名。

女性の30代ぐらいのキャリアカウンセラーが、履歴書の書き方から就業までの相談に乗ってくれるものです。

 

受講生は私と男性と地味なスーツを着た可愛い女性です。

ふいに可愛い女性が質問しました。

「ずっと銀座でホステスをやっていましたが、その経験は履歴書に正直に書くべきでしょうか。」

直球すぎる質問に度肝を抜かれていると、キャリアカウンセラーも明らかに面食らっていました。

何と答えるのか静かに見守っていると、自分を落ち着かせるような様子で「も、もちろんです。立派な経歴なので正直に書いてください。」と答えました。

 

予想外な回答だったので、私は内心すごく驚きました。

「え、事務の派遣なのに経歴にお水って書いて本当に大丈夫なの?無難に飲食店とか学校に通ってたとかにしたほうがいいのでは??」という考えが駆け巡ってたのです。

 

その後、カウンセラーは「随分苦労されたのね〜」とねぎらい始めたので、「いつの時代だよ!」と心の中で突っ込みました。

いや、わかりませんよ。本当に苦労されたのかもしれません。

でも女子アナでもバイトでホステスをする時代です。

「女が1人で生きていくのはそれしかなかった時代」みたいな反応をされても・・・。

 

飲食店の面接に出す履歴書ならともかく事務の派遣なのだから、大人の表現であいまいにしておいたほうがよいのではないかと今でも思いますが、どうなのでしょうね。

キャリアカウンセラーが言うのだから、正直に書いた方がいいのでしょうか。

面接官もどう反応していいか困りそうです。

 

今だにあのキャリアカウンセラーの回答は正解だったのか、考えることがあります。

お水経験が悪いとは全く思いませんが、事務職につく戦略として正解なのかなぞです。

スーツのかわいい女性は本当に履歴書に書いて出したのか、その後がずっと気になっています。