モウソウの森

外資系の日常、英語学習、バリ旅行、エクササイズ、アニメ、ゲームなど。

海外旅行でビビりの人が陥りがちな体調不良「全く食べられない」

旅先の食欲不振

旅行先でストレスのため食事を受け付けなくなるのを3回経験しました。

同じ症状になった人のために、ビビりの人に旅先で起こることをレポします。

と言うのは、現在「Banana fish」にはまっていて、主人公のアッシュが監禁先で拒食症になって「わざとじゃない。食べられないんだ。」と言うシーンから過去の出来事を思い出したからです。

ほんとに、メンタルをやられて食べられなくなることってあるんですよ。

私は監禁されたわけでもないですけど、食欲って意外とメンタルに影響を受けるな〜と感じます。

 

友人との初めての海外旅行

まずは20歳の時、初めての海外旅行で友人とパリに行きました。

せっかくの旅行なのに、ホテルでずっと具合が悪くて何も食べられず寝込みました。

友人に申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、どうにもできません。

「わざとじゃない。食べられないんだ。」です。

1週間の旅行のうち前半は寝込んでいて、後半はなんとか復活して少し観光することができました。

しかし、この時は単なる旅先の体調不良だと思ってました。

 

ホームステイその1

21歳の時、こんどは1人でパリに1ヶ月ホームステイにやってきました。

1人暮らしのホストマザーの家に同居です。

到着直後から具合が悪くなって寝込みました。

ひたすら具合が悪くて、ホストマザーが作ってくれる料理も全く食べることができません。

まさに「わざとじゃない。食べられないんだ。」状態です。

そんな状態が1週間も続いて、ホストマザーが「これはメンタルがやられてるな」と気づいたのか荒療治に出ました。

私を無理やり車に乗せて、入学予定だった語学学校に連れて行ったのです。

学校の人に事情を説明して、学校の人が私に日本人の女子留学生2人を紹介してくれました。

ホストマザーは「一緒にランチでもしなさい」と言って帰りました。

女子2人と話すと不思議と気持ち悪いのが消えて、普通に食べられるようになりました。

完全に異国にビビってメンタルをやられていたのですね。

一瞬で治ったので自分でも驚きました。

女子2人に日本語で異国での不安を吐き出して励まされるうちに、すっかり元気になって楽しくホームステイを過ごせました。

いや〜、メンタルの体への影響力ってすごい。

 

ホームステイその2

それから10年後・・・。

今度は転職の合間にバンクーバーに1ヶ月のホームステイに行きました。

さすがに「自分は海外旅行では体調を崩す恐れがある」と気づいていましたが、あれは若かりし日のことだからもう大丈夫だろうと思ってました。

しかし、ステイ先でやっぱり同じ症状に悩まされます。

ずっと吐き気に悩まされて水以外ほとんど何も食べられません。

やっぱり「わざとじゃない。食べられないんだ。」です。

1週間苦しんだある日、寿司屋に入って味噌汁だけ注文しました。

すると不思議と味噌汁は飲めたのです!!

日本人魂、おそるべし。

泣きながら味噌汁をすすって、聞かれてもないのにお店の人に辛いのを訴えました。

味噌汁は飲めることがわかって、無理を言ってレトルトの味噌汁を売ってもらいました。

寿司屋の人も、泣きながら味噌汁しか飲めないと言われたら断れませんよね。

ほんと迷惑な客です。

(後で日本食スーパーで味噌汁は買えるとわかりました。)

おかげで復活してきて、残りの滞在は満喫できました。

 

家族での海外旅行

不思議なことに、パリとバンクーバーのホームステイの間に行ったグアム旅行ではこの症状は現れませんでした。

兄弟の結婚式だったので、両親と同じホテルで部屋は別だったのです。

この違いわかりますか?

今ならわかります。

グアム旅行では、個室だったので気を使う必要がなかったのと、気を使わないでいい家族が大集合していたのでメンタルをやられませんでした。

 

いっぽう、友達との旅行やホームステイはそうは行きません。

「慣れない海外で、いつもは一緒に住んでいない誰かと同じ屋根の下で生活する」って、私のようなビビりにとってはめちゃくちゃストレスなのです。

 

ビビりの人の旅行

私のようなビビりの人が海外旅行をするときに気をつけることは何でしょう。

ホームステイの場合は、最初の1週間はホストファミリー宅ではなくホテルに泊まって慣れたほうがよいということです。

ホテルなら気を使わないのでダメージを減らすことができます。

友人との旅行の場合、ちょっとお金がかかるけど部屋を別にするのはどうでしょうか。

「友人なのに別の部屋なんて・・・」と思ってましたが、周りの人に聞くと「出かけるのは一緒でも、夜は別の部屋で過ごしたい」という人が案外いました。

お風呂もトイレも好きな時に使えますしね。

そういうちょっとしたストレスがないことが重要です。

 

まとめ

旅先での吐き気、食べられないはつらいものです。

メンタルからくるものならば、対策をして最大限避けたいですよね。

そんなにいないと思いますが、同じような人のために書きました。

ビビりでも自分のハマる落とし穴を知れば海外旅行はできるのです。