モウソウの森

なるべく疲れずに生活の最低限をクリアするズボラライフを研究。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

東洋一美しいと言われる宮古島の与那覇前浜ビーチは朝がいい

与那覇前浜ビーチ

宮古島3日目は、東洋一美しいと言われている与那覇前浜ビーチに行きました。

去年のGW明けの同じ時期に来た時は午後の一番暑い時間帯で「とにかく暑い」という感想しかなかったので、今年は9時ごろ来てみました。

さすがに時間が早いので美しさを堪能する余裕があるはず。

 

まだ人もそんなに多くなくて静かです。

暑さは・・・、やっぱり午後14時とかより全然暑くない。

いや、暑いのは暑いですが、「ギャー溶ける〜!」というほどではありません。

 

来間大橋が見えます。

白砂が美しい。

この白砂に太陽が照り返して暑さ倍増なんです。 

海も透明度がすごいです。

かなり遠くまで透明なエメラルドグリーン。

 

寄ってみました。

今回も泳ぎません。

ビーチを散歩するだけ。

というのは、ヘタレ的には泳ぐと着替えが面倒だから。

泳いだあと、海の家とかでシャワーを浴びて着替えるの大変じゃないですか。

 

ヘタレがこの美しいビーチで泳ぐためには、ビーチに面した東急リゾートホテルに泊まるしかありません。

それならホテルから水着でビーチに行き来ができます。

でも、東急リゾートホテルはお高くてなかなか手が出ません・・・。


 

 

このぐらいの時間ならパラソルも機能しています。

午後はパラソルごときでは暑さは防げません。

 

砂のアップ。

本当に砂が美しいんですよ。

サラッサラです。

ビーサンいりません。

 

ビーチバレーコートとネットがありました。

近寄ってみるとネットの高さに唖然。

こんな砂浜でジャンプしてあの高さでアタックするのかと、信じられない思いです。

砂浜では足が重くてちょっとあるくだけでダルいのに。

ビーチバレーのネットって、ちょっと低いのかと思ってました。

 

前浜ビーチは散歩だけでも十分楽しめました。

 

場所

 来間大橋の近くにあります。

前浜ビーチに午前中に行ってから、来間島を散策するのがおすすめです。