モウソウの森

スケート、外資系の日常、英語学習、バリ旅行、エクササイズ、アニメ、ゲームなど。

ハワイ、クアロアランチ(牧場)に送迎バスで向かうときの注意点

クアロアランチ送迎

ハワイ2日目はクアロアランチというオアフ島東部の広大な牧場に、アクティビティを楽しむために行きました。

5年前にLOSTのロケ地ツアーに参加したとき、クアロア牧場を訪れて「今度じっくり来たい」と思ったからです。

 

シェラトンホテル付近のアロハランディングという乗り場に7時待ち合わせです。

7時ですよ!早い〜。

奥の建物によくみるとALOHA LANDINGと書かれています。

アロハランディングはちょっと見つかりにくいので、余裕を持って出かけたほうがよいです。

 

・・・いくら待っても全然バスが来ません。

時間をすぎても5分以上来ない場合は電話するようにとあったので電話をしていると、乗り場係員の人にどこに行くのか聞かれて「クアロア」というと、あのバスの列に並んでと言われました。

確かに1つだけ列ができているバスがあります。

しかしバスはRobertsというオプショナルツアーのバスで、クアロアとは一言も書かれていないしアナウンスもゼロなので、てっきり別のツアーのバスだと思ってました。

「書いといてよ!」と思いました。

日本だったら絶対表示かアナウンスがあるけれど、ハワイでは通用しないのでお気をつけください。

 

乗り場の様子です。 

そんな落とし穴に陥りながら列に並んで名前をいうと、腕輪になる黄色い紙と予定表をくれました。

その腕輪をしていると支払済の印のようです。

 

40人ほどが乗ったバスで出発しました。

バスは自由席でした。

車内が寒いと聞いていましたが、Tシャツに長袖のラッシュガードを着ていたらちょうどよかったです。

よほど冷えていてカーディガンまで必要かなと思ったら、そこまでではなかったです。

 

配られた予定表をみると、ジャングルエクスペディション、映画ロケ地ツアー、ランチ、四輪バギーの順で予定が書かれていました。

レビューで、行きのバスで希望をとるだとか、順番を決めるだとか読んでいたので拍子抜けです。

すでに自動的に決まっていました。

順番を選びたかったのに。

 

行きのバスは本当にただ乗っているだけ。

あ、係員の人から車内でちょっとだけ英語と日本語で説明がありました。

わからないことあったら聞いて、みたいなあまり意味がないことだったので覚えてません。

 

車窓がワイキキの都会から、だんだん大自然になってきます。

「これが本物のハワイなんだよ〜!」とワクワクです。

ただし時差ボケでぐったりしていたので、ちょっと車酔いしました。

 

 そうこうしているうちに、50分ほどたってクアロア牧場に到着しました。

駐車場で降りて、階段を上った先で短い説明を受けます。

その後、各自参加するアクティビティの場所に移動します。

私たちはまずトイレに行って、ロッカーに不要な荷物をしまいました。

ロッカーはカードが使えて、1日何度でも出し入れできて5ドルでした。

ちょっと高い。

 

今回は乗馬はしないけど、ちょっと時間があったので乗馬コーナーもチラ見しました。

楽しそう、乗ってみたい。

そして、最初のジャングルエクスペディションの集合場所に向かったのでした。

 

つづく。