モウソウの森

外資系の日常、英語学習、バリ旅行、エクササイズ、アニメ、ゲームなど。

ふるさと納税のワンストップ特例制度は意外と面倒じゃないですか?

ワンストップ特例制度での申請は意外と面倒

ふるさと納税のワンストップ特例制度での申請って、一見簡単そうで意外と面倒ですね。

寄付先の自治体が最大の5箇所だった場合、5箇所に書類を返送しなければいけません。

 

私は、書類を貯めておいて年末にまとめて返送しています。

5箇所への書類の1枚1枚に、ハンコを押して必要事項を記入します。

そして、身分証明書のコピーを5枚用意してそれぞれに添付しないといけません。

この作業をしながら、これじゃ確定申告したほうが楽なのではないかと毎年思います。

確定申告はオンラインのフォームに入力して印刷して郵送なので、1箇所への送付で済むためです。

証明書を確定申告時に添付して、金額を入力する必要はありますが。

 

さらに、5通全部準備してポストに投函しようとして気づきました。

各自治体から送られてきた5枚の返送用封筒は、今までたまたまか全部「料金後納」だったので切手が不要でした。

しかし、今年は5つ中の2つが自分で切手を貼るタイプです。

危なかったです。危うく気づかずに出すところでした。

 

メールで済むご時世に手紙は滅多に出さないので、切手なんて家にありません。

まず、「今は封書はいくらなんだっけ?」と料金を調べるところから始めます。

82円でした。

コンビニで買って貼って、改めて出しました。

2箇所に出したので164円です。

これなら料金的にも、確定申告で1通で送ったほうが安いです。

ふるさと納税はお得なのでそのぐらいいいですけど、この面倒さはまだなんとかできそうですよね。

 

ワンストップ申請のメリット

料金的にも手間的にも謎なワンストップ申請ですが、1つだけメリットがあります。

それは返送すれば完了なので、以降税金のことは気にしないでよいこと。(会社員などの年末調整がある人は)

早めにスッキリして安心するというメリットはありますね。

一方、確定申告の場合は翌年の2月まで覚えておいて提出しないといけません。

確定申告を忘れてしまったら、ふるさと納税にならないので大打撃だからです。

 

早めに完了して忘れられるというのは、意外と大きいメリットです。

そのため、来年以降もどっちにするか悩むことでしょう。

1箇所に全額を突っ込んでワンストップ申請するのも手ですね。

返送が1箇所で済むためです。

 

いずれにせよ、ワンストップ申請か確定申告で申請するのををお忘れなく!