モウソウの森

なるべく疲れずに生活の最低限をクリアするズボラライフを研究。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

使うたびに日本人同僚に苦笑いされる英語表現

f:id:nemie:20160730091859j:plain

日本人として使うのに違和感がある英語表現がいくつかある。

 

例えば以前のエントリーで紹介したこれ。

何かお願いするメールの最後に付ける。

 

Thank you in advance.

直訳 (前もってありがとう)

-->よろしくお願いします。

 

「もうお礼言ったから絶対やってよね!」と言ってるように感じてしまうのだ。

押しが強すぎて日本人的には使いにくい(汗)

 

 

他にも私がメールに書いて送るたびに、日本人同僚に苦笑いされる表現がある。

何かを再度知らせる時によく使う。

 

 This is just a friendly reminder that ~

(念のために〜をお知らせします)

 

例文)

This is just a friendly reminder that the due for the report is tomorrow.

(念のためお知らせしますが、レポートの締め切りは明日です)

 

friendly は「念のために」というニュアンス。

しかし、日本人には字面通り「親切にもお知らせしてあげる」という恩着せがましい印象を与えてしまうようだ。

「いつも friendly reminder ありがとう!」と冗談で嫌味を言われる。

でも気にせず使う。

 

 

同様の違和感表現としてはkindlyがある。

例文)

Please kindly send me the document.

(どうかその書類を送ってください)

 

本来はkindlyは「すみませんが」みたいな申し訳ないニュアンスのようだ。

しかし日本人的には「親切に〜しろ」と言われてるみたいで、ドキッとする。

自分ではなかなか使えない。

しかしよく使われるので、英語圏の人には自然な表現なのだろう。

 

ネイティブじゃないので、直訳から受ける印象から逃れられない。

表現とシーンがセットで体に染み付いたら、全く気にならなくなるのだろう。