モウソウの森

なるべく疲れずに生活の最低限をクリアするズボラライフを研究。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

ニンテンドーアメリカにアカウントを凍結されて1週間打ちひしがれた話

f:id:nemie:20160101203623j:plain

北米のゲームがしたくて、Amazon Globalで時々個人輸入していた。

 

買ったのは3DS本体とゲームソフト。

ソフトは

テイルズオブジアビス

ガールズモード

とびだせどうぶつの森

などなど。

 

今はなくなってしまったクラブニンテンドーというサービス。

購入してネットに登録するとポイントがもらえて、オリジナルグッズと引き換えられるもの。

 

それが当時アメリカにもあったので、もったいないと思いせっせとポイントを貯めていた。

ゲームを購入して簡単なアンケートに答えると何ポイントかもらえる。

英語でアンケートに答えるのも勉強になるので、楽しく登録していた。

 

そこでやめておけばよかったのだが、グッズと交換できるぐらいポイントが貯まってしまった。

となると、もらえるものはもらいたいじゃないか!

 

海外発送してくれるのかな・・・、と思いダメもとで問い合わせた。

「日本に住んでるんだけど、日本にも発送してくれますか?」と。

 

数日後、返ってきた返事に固まった。

 

「クラブニンテンドー(アメリカ)はアメリカとカナダに住む人対象だから、君のアカウントを凍結したよ、ごめんね」

 

ガーン・・・・。

ショックすぎて1週間は立ち直れなかった。

メールの問い合わせに個人情報を書いたわけでもなかったのに、アカウントを特定されて凍結されたのだ。

ま、日本人で登録している人も多くないだろうし名前で検索したら一発か。

 

Privacy Lawという法律を守る為に仕方ないとのこと。

そういえば、最初にアカウント登録するときに郵便番号を選ぶ必要があった。

日本の番号が出てこなかったので、適当にニューヨークとかにしたんだった。

 

すみません、私が悪かったです。

みなさんも海外ゲームを買う際にはお気をつけください。