モウソウの森

スケート、旅行、など雑多です。

蜜蝋キャンドルを作り始めた

蜜蝋キャンドル

蜜蝋とはビーズワックス、蜂がお腹で作った天然の素材です。火をつけると燃えるなんて不思議……。空気中によい成分が降り注ぐそうなので、作ってみました。

買うとお高いので、自作だと思い切り使えるはず。

 

f:id:nemie:20220105182100j:image

キャンドル芯とワックスをネットで買いました。

みつろうはひとまず200グラムを千円ぐらいで買いました。

今思えば、欲張って一キロでもよかったかな。大量に買うほどグラムあたり安くなります。↓これは100ぐラムです。

芯も思い切って100本買いました。千円だったので一本10円ですね。

 

めんどくさかったので瓶に蜜蝋チップを半分ぐらいまで入れて、そのまま湯煎しました。本当は別容器で湯煎するみたいです。

f:id:nemie:20220105182110j:image

こんな量に減りました。そして芯を突っ込みます。まっすぐにして固定しました。

いそがないとどんどん固まっていきます。

 

f:id:nemie:20220105182125j:image

芯を真ん中に配置するのと、まっすぐ配置するのが難しい!

ちょっと動かしたのでヒビ割れしました。

バターみたいで美味しそうな色。

 

f:id:nemie:20220105182150j:image

1時間後、火をつけたらつきました!

 

f:id:nemie:20220105182136j:image

やった〜。キャンドルできました。

 

後日

再チャレンジしました。

f:id:nemie:20220105182201j:image

今度は100均で湯煎用のボール(右)と、グラス(中央)を買ってきました。

左はマークスアンドウェブのキャンドルです。木の蓋を使い回しできるかと思ったけど、円の大きさが100均のグラスのほうが小さくて無理でした。

 

f:id:nemie:20220105182216j:image

湯煎してグラスと小さいクリアカップに入れて、芯を立てました。

湯煎用ボールを使ったので、瓶で湯煎するより早く溶けました。ボールを専用にすることで洗わないですみます。ロウはなかなか取れないからです。

 

f:id:nemie:20220105182223j:image

おいしそう!

芯をちょっと動かしたので、真ん中がよれました。

右のクリアカップには、ラベンダーのエッセンシャルオイルを入れてまぜてみました。

どんどん固まるので忙しいです。

 

f:id:nemie:20220105182247j:image

2時間ほど置いて完成!芯は短く切りました。

 

f:id:nemie:20220105182257j:image

火がついた〜!

左のクリアカップのほうは、ラベンダーが蜜蝋の癖ある香りとまざって、さっぱりして使いやすくなりました。ラベンダーと蜜蝋はあいますね。

 

f:id:nemie:20220105182305j:image

ちなみに、左はハンドメイド作家さん作。右は私。

美しさが全然違います。

温度管理とかいろんなコツがあるに違いないです。

 

f:id:nemie:20220105182321j:image

グラスのほうは、長い時間火をつけても直径4センチの円でしか溶けていきません。

大きなグラスで作る意味がなかったかも。クリアカップの大きさは、そういうことだったんですね。ちゃんと考えられたサイズです。

ちなみにビンの中だったら温度が上がるので、もっと大きな円で溶けます。

ガラスは耐熱じゃなくても、火がガラスに直接当たらなければいいようです。

 

芯があと97本あるので、他にも作りたいです。

ただし家がキャンドルまみれになっています(笑)