モウソウの森

なるべく疲れずに生活の最低限をクリアするズボラライフを研究。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

怒りをコントロールするより、気を紛らわせながら時が経つのを待つほうが現実的

怒りをコントロールできるのか

誰かを腹立たしく思った時、できるだけ後を引かずに自分のダメージを最小化する方法はあるのでしょうか。

 

職場に定期的にイラつかせる人がいて、防御のために色々考えて備えていました。

「また余計なことを言ってきたり苛立ちをぶつけてくるだろう。最初から想定内にしておいて、いちいち相手の感情に反応しないようにしよう。」

と心に強く言い聞かせていました。

 

案の定、その機会が訪れます。

「キタキタ〜〜!これに備えていたんだよ。一緒になった苛立ったりはしない!」

備えてない時よりも、冷静に対処することができました。

その場では。

 

しかし、落ち着くにつれて考え出します。

「そもそも、なんで同僚にあんな態度とれるんだろう・・。率直な人だから?確かに、家族などの完全な信頼感がある人には素直に苛立ちを表現したりもするけど・・・。いや、全く家族とかじゃないし!信頼とかないし。自分だったら、会社で無用に嫌われたくないからあんな態度は誰にもとれないけどな。あ、私に嫌われても痛くもかゆくもないんだ。あ〜、物に向かって文句言ってる感覚なのかな。」

 

そこで、気づきます。

防御のために備えていたのに、十分後を引いてるじゃいか!と。

「あ〜、ダメダメ。私のことを”物”って思っている人なんて、私にとっても付き合う価値ゼロだから気にすることないじゃない。なんだ、よかった。気にする必要なかったわ。」

ひとまず、落ち着いてなんだかスッキリしました。

 

しかし、夜に家に帰って一息つくとまた頭にもたげてきて離れません。

「私以外にも嫌な目にあって、あの人のこと受け付けないって人がいる。彼女は上の人にはいい顔をするけど、同じか下と思っている人には全然態度が違う。いつか痛い目にあえばいいのに。」などなど。

 

せっかくの3連休が台無しです。

嫌な人のことを家でも考えて休みを無駄にする方がバカだと頭ではわかっています。

でも、定期的に頭にもたげてきます。

 

「こっちがこんなに悩んでいても、今頃あいつパフェ食べてるから馬鹿らしいよ」

と、必死に自分をなだめてはみます。

全然役に立たない!(笑)

怒りって頭でどうこうできるものではないのですね。

翌日

一晩寝ると、おだやかになります。

昨日より思い出す頻度があきらかに減りました。

しかし、頭が暇になると思い出します。

「これ以上連休を無駄にしないため忘れよう」と、なんども言い聞かせます。

2日後

連休中にNetflixで観始めた「ハイキュー!」というバレーボールアニメにハマりました。

ふと自分が感じた怒りを思い出して、

「この人たちはこんなに一生懸命バレーボールに打ち込んでるのに、私はしょうもない人に踊らされて馬鹿らしい」

と冷静に無理なく思いました。

やっとスッキリしました。

 

ただし、アニメのおかげではありません。

時間のおかげです。

時間が経ってメンタルに余裕ができたので、馬鹿らしいと心から思えたのです。

結論

怒りは考え方によってコントロールできません。(少なくとも私は)

生存に必要な重要な感情のため、そんなに簡単にどうこうできないのでしょう。

怒りを感じる出来事があったら、コントロールしようともがくのではなく、時間が過ぎるのを、他のことをして気を紛らわせながらおとなしく待つほうが現実的と感じました。

 

 

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」

反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」