モウソウの森

なるべく疲れずに生活の最低限をクリアするズボラライフを研究。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

トキメキを感じるとは何か?想像(妄想)の余地があるということ。

トキメキってなんだろう

トキメキって何だと思います?

私が何年も考えた結論は「よく知らないこと」。

その人、モノのことをよく知らない状態でしか起こり得ないから。

トキメキを感じる=想像(妄想)の余地があるってことです。

想像の余地があるシチュエーション 

オフィスの昼休み、同僚とお洒落なフレンチのお店でランチをしたときのこと。

会計時に、お店に1人で入ってきた男性とすれ違いました。

さわやかな私服だったので、サラリーマンではなさそうです。

お店を出て同僚と話しながら歩いていると、2人ともその男性のことを考えていたことが判明。

 

フレンチに男1人で来れるって、普通の人じゃないよね。

しかもあの自然さ。

フランス在住で一時帰国してるんじゃない?

きっと、メニューのオーダーはフランス語だよ。

朝ごはんはフランスパンで、部屋にはエスプレッソマシンがあるの。

そうそう!

もちろんパスタマシンも。

それで、自転車のサドルを自分でお洒落なものに取り替えてるの。

部屋で植物育ててる。

で、彼女は先月別れたばかりで、今たまたまいない(ここ大事)。

 

チラッと見ただけなのに、君たちはどれだけ彼のことを知っているんだよ!

という妄想ぶりです(苦笑)

 

一種のトキメキ状態です。

一瞬見ただけのさわやか風な男性、

フレンチレストランというお洒落なシチュエーション。

彼のことは何にも知らないので、妄想し放題。

「彼女が今はいない」という設定により、もしかしたら自分と付き合うことになるかも、という可能性まで妄想に含むことができます。

 

想像の余地がない場合

しかし、もし彼をよく知っていた場合、妄想の余地はありません。

近所のアパートの一階に住んでいて、通路には日に焼けた洗濯機が出ている。

郵便受けには、何度消しても誰かがマジックで部屋番号を書いていく。

ハルという名のノラ猫がよくやってきて、晩御飯の残りをあげている。

実家からはダンボールで新聞紙につつまれた、スルメやレトルト食品が定期的に送られてくる。

 

そんなことを知っていたら、フレンチの店で見かけても「あれ、バイトの面接かな?」としか思いません。

よく知らないことが大事

つまり、トキメキの第1条件として「よく知らないこと」が必要なのです。

よ〜く知ってるものにトキメクのは難しいです。

向井理や石原さとみと結婚しても、ずっと一緒に住んでいたら「ドキッ!この胸のトキメキは何?」とはならないでしょう。

「あ〜、今頃は整体に行ってるな、今日行くって言ってたし。」

ってな感じで、想像の余地がないからです。

 

しかし「よく知らない」だけでは足りません。

よく知らないものなんて、世の中に溢れているから。

駅ですれ違う人はほとんど全員知らない人だけど、ときめいたりはしません。

 

第2条件として、もっと知りたいと思うことが必要です。

 

つまりトキメキとは

よく知らなくて、もっと知りたいと思う状態

です!

 

しかし、皮肉なことに。

あの人のこともっと知りたい!もっと、もっと、もっと〜!

で、どんどん近づきます。

見事想いがかなって、お付き合いを始めるとその人のことがわかってきます。

すると、トキメキは薄れていくのです。残念ながら。

 

芸能人や韓流のファンの方は、どれだけ雑誌やメディアで情報を得ても、一生ときめいていられるかもしれません。

常に一定の距離があるから。

 

逆にずっとトキメキを失いたくなければ、一生近づかなければいいです。

よく知らない状態を保てるから。

 

・・・というのが数年間考えた、私にとっての「トキメキとは何か」の結論です。