モウソウの森

外資系の日常、英語学習、バリ旅行、エクササイズ、アニメ、ゲームなど。

帰国子女は日本語で話している時、なんで単語だけ突然に英語発音になるのか

日本語で話している帰国子女が、英単語的なものが出てくると突然ネイティブ発音になって驚いたことはないでしょうか。

 

外資系で働いていると帰国子女がけっこういます。

日本語の途中にいきなりそこだけネイティブ発音になるのでドキっとします。

平坦な日本語に対して、そこだけ妙に浮き上がって目立つのです。

 

突然入るのと発音が良すぎて聞き取れず、2回ぐらい「え、今なんて言った?」と聞き返してしいます。

 

ルー大柴の突然入る英語は聞き取れるが、帰国子女の本物の英語は聞き取り困難。

なんちゃって帰国子女のならば聞き取れそうだけど、本物は違います。

 

 

なんで急に単語だけ英語発音になるのでしょう。

 

「その単語は英語発音でしか覚えてないから」に違いありません。

逆にカタカナ発音が分からないはず。

カタカナ発音で話すには、新たにもう1種類の発音を覚える必要があります。

 

わ〜、そんなの面倒くさそうです。

自分が帰国子女だったら、そんな面倒避けたいです。

「本物なんだから英語発音でよくない?」と思いそう。

 

 

単語だけならまだいいけど、興奮してくるとフレーズ丸ごとが突然英語に変わったりします。

そういう時の英語は無茶苦茶スピードが速いです。

3人で話していて自分だけ帰国子女じゃない場合、流れを止めたら悪いので仕事の話以外は聞こえなくても流します。

 

帰国子女との会話は油断ができません。

でもリスニングにほぼ苦がない帰国子女の世界、体験してみたいな〜。