読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

英語で「ありがとう」と言ったはずなのに爆笑された話

英語学習エッセイ

f:id:nemie:20160711075524j:plain

昔飲み会に、外資系企業で働く日本人が同僚の外国人を連れてきた。

その外国人がドリンクをとってきてくれたときに、英語を勉強し始めたばかりの友人ががんばってお礼を言った。

 

"Thank you for your kindness." 

(ご親切に、ありがとう)

 

それを聞いて、外資系日本人と外国人が爆笑した。

友人と私は頭がハテナ??

なんで笑われたのか分からなかった。

 

どうやらすごくカジュアルなシーンに場違いな、丁寧表現だったらしい。

「その表現はスピーチとかでしか使わないよ」と言われた。

そんな落とし穴があったのか〜、と思った出来事だった。

 

今考えると、確かにそんな言葉はうちの会社の外国人でも誰も使わない。

むしろ社内ではThanksのような軽い言葉のほうが多様される。

もっとお礼を言いたいときはMany thanksやThanks a lot.

最上級はThank you so muchである。

(意外とThank you very muchは使わない。)

 

丁寧に言いたいときは

Thank you for~, 

(~してくれてありがとう)

と具体的に行動を後につけることが多い。

 

社内でもよく知らない人にはより丁寧に

I appreciate it.

(感謝します)

と使うこともある。

 

日本人として違和感があるのが

Thank you in advance.

直訳(前もってお礼を言います)

何か頼みごとをするメールの最後に「よろしくお願いします」的な意味で、よく使われる。

これを見るたびに押し付けがましいと感じてしまう。

何か頼んで、勝手に前もってお礼を言うだなんて・・・。

自分では使えないけど、外国人的には違和感ないのだろう。

 

以上、いろんなありがとう表現があるが、シチュエーションによって使い分けられると楽しい。

失敗しながら学んでいくのだ。

 

 

絶対に使えるカジュアル★イングリッシュ (J新書)

絶対に使えるカジュアル★イングリッシュ (J新書)