モウソウの森

なるべく疲れずに生活の最低限をクリアするズボラライフを研究。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

テラスハウスに今更ハマって、あいのりと比べて驚いた点を6個あげてみる

テラスハウス

テラスハウスって「どうせやらせでしょ」と思ってたので、一度も観たことがなかったんですよね。

しかし、Netflixで観初めてすぐにハマりました。

結果、2週間で70話分イッキに観ちゃいましたよ。

2012年に始まった一番初めのシリーズです。

 

あいのり派だったのに、すぐにテラスハウス派になっちゃうなんて予想外でした。

記憶が新しいうちに、あいのりと比べてみます。

 

驚いたところ

恋人がいる人が普通にメンバーに入ってくる

テラスハウスの目的は恋愛だけではなく共同生活を通して成長することのため、ちょいちょい恋人がいる人も入ってきます。

これはあいのりではありえません。

最初は、恋人がいる人を入れて番組として面白くなるのか疑問だな〜、と思ってました。

でも恋愛じゃない人間関係にからんできたりして、意外とアリだなと感じました。

 

旅はしなくて普通の生活を送る

あいのりではみんなで旅をして非日常を送るけど、テラスハウスではみんなが一緒に住みながら普段通り過ごします。

最初「え、普通に仕事に行くんかい!」とびっくりしました。

メンバーは朝と夜、休みの日だけ一緒に過ごします。

それだけでも意外と人間関係が深まるものですね。

 

あいのりでは例えば「職業パティシエ」とか出ても実際に働いている姿がわかりませんが、テラスハウスでは働いているところも出てくるのでよりその人が分かってキャラが立ちます。

仕事で行き詰まったり、ダメな姿がより見えるからです。

ダメな姿が見えた方がメンバーに愛着がわくから不思議。

各職業の大変な点などもわかって興味深いです。

 

やめた人がまた出てくる

あいのりでは帰国したメンバーはもう登場しません。

でもテラスハウスでは涙の別れをしたメンバーが、後日普通に出てきます。

今のメンバーとごはんを食べたり、普通にメールで連絡をとってたりするのが新鮮。

「あの人どうしてるかな〜」という興味が満たされるので嬉しいです。

 

いたいだけいていい

あいのりでは告白して失敗したら帰国します。

テラスハウスでは、メンバー入れ替わりのタイミングはどうなるのか気になってました。

すごくびっくりしたのが、「その人がいたいだけいてよい」というところです。

ある程度メンバーを入れ替えしないと、つまらなくならないのかな〜、と心配になりました。

あいのり2では、一定の期間で誰も告白しなかったらメンバー強制加入して入れ替えるぐらいです。

 

いたいだけいてよいのだけど、意外とすぐ入れ替わります。

芸能人の卵みたいな人が多くて、テラスハウスに出たら、売れて忙しくなって出るみたいな流れが多かったです。

逆にカップル成立してもそのまま住み続けて良いのも衝撃。

あいのりだったら2人で帰国ですよね。

 

色々とメンバーが頻繁に入れ替わる中、ずっといる人がいるのも観ていて安心感があってよかったです。

この人には恋愛しなくてもず〜っといてほしいな、みたいな。

 

芸能人が多い

テラスハウスでは男3人、女3人の6人が暮らします。

メンバーはスポーツ選手、モデル、芸能人の卵、シンガーソングライターなど、人気稼業の人が多いです。

初期メンバーにAKBの人までいましたね。アイドルの私生活を垣間見た気がして面白かったです。

やっぱ睡眠少ないとか、振りを覚えるの大変なんだなとか。

 

 基本、全員美男美女です。

あいのりでも割とそんな感じだけど、あいのりのほうがまだ普通の人が多かった印象ですね。

 

「水球を広めたい」みたいなPRを兼ねて出てくる人もいるのが新鮮です。

ある女性メンバーが「テレビで目立つために恋してるフリしてだけじゃないか」と他の人につめよられるシーンが印象的でした。

それぐらいテラスハウスに出ると有名人になってPR効果があったみたいです。

 

全体的におしゃれ

あいのりよりも全体的におしゃれなトーンです。

あいのりはピンクのバスからしてもおしゃれとはかけ離れて、どっちかというと泥臭い感じ。

 

テラスハウスは海辺の一軒家の家からしてとてもオシャレ。

湘南の海を背景に、素敵なカフェやレストランが頻出します。

オープニングの歌もテイラー・スウィフトのWe are never ever getting back together という今っぽい曲です。

特に、番組やお店の名前のフォントがオシャレ。

オシャレな家でオシャレな人たちが暮らす感じです。

 

まとめ

2012年の番組なのに、なんで2018年まで観なかったかというと、オシャレなイメージすぎたからです。

オシャレな人たちのやらせ番組で、どうせつまらないんだろうと思い込んでました。

 

しかし見はじめたら、あいのりよりハマったので不思議です。

やっぱりいろんな職業の人の普段の生活が見えるのが楽しいし、いろんな組み合わせの6人がくっついたり離れたり喧嘩したり仲良くなったり興味深いです。

 

また、意外なことになんども泣けるところがありました。

格闘家の人が大会で勝ったり、その後のショッキングな展開があったり、恋愛をのぞいても「がんばれ〜」と応援したくなるようなところも多いです。

 

じゃっかん展開がおかしくて、ここは演出されてるなと感じるところはあります。

でもそれが許せるほど十分面白くて、やっぱりすごい番組です。

今からでも面白いのでぜひ観てください。

 

 

テラスハウス インサイド (扶桑社ムック)

テラスハウス インサイド (扶桑社ムック)