読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

見た目が「痛い」って英語で何て言うの?

英語学習エッセイ

f:id:nemie:20160621075924j:plain

「そのスマホケース、痛すぎでしょ〜!」

と、友達に言われた。

耳がついている猫のスマホケースを使い始めたのだ。

確かにちょっと痛いかもしれないけど、使いたいので人目は別に気にしない。

でも、「痛い」って英語でどう言うんだろう。

 

単純に考えると

painful 痛い、辛い

でも英辞郎で例文を見ていくと、この形容詞は単純に体や心が痛い、辛い時にしか使われてない。

 

pathetic  痛ましい、哀れな、見ていられない

こっちのほうがシックリくる。

例文から見ると、これはぶざまな感じ。

個人的にはこれが合ってるように感じる。

 

ネイティブの人に状況を説明して聞いたところ

eyesore (名詞) 目障りなもの、醜いもの

ではないかと言われた。

 I have a sore throat. (喉が痛いです)のsoreだ。

目が痛いみたいなことなのだろう。

これだと「物自体が醜い」のような印象を感じてしまうので、ちょっとピントこない。

物自体ではなくて、私が猫のスマホケースを持つことが痛いのだ。

 

別の若者ネイティブの答えが秀逸だった。

「It sucks. でいいじゃん!(笑)」

とのこと。

suck(動詞)最悪である、非常にムカつく

 

「うざい」みたいな、かなり大雑把な表現。

ずいぶんまとめましたねw

 

suckを付けると何にでも簡単に文句を言える。

Weather sucks. ひどい天気!

The company sucks. 会社最低!

若者言葉のような印象を受けるけど、なるほど、これが一番シチュエーションに合うのだろう。

 

というわけで、「痛い」はsuckを使うことにしよう。