読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

語学留学1ヶ月の効果ってどれほど?

英語学習エッセイ

f:id:nemie:20151103164327j:plain

「語学留学1か月した」と聞くと、そうとう話せるんだろうな〜と漠然と思っていた。

 

自分もカナダのバンクーバーに、大人になってから1ヶ月だけ語学留学した。

転職の合間にだ。

 

1ヶ月も海外に滞在するって普通だったら長いほうだと思うが、カナダはワーキングホリデーが盛ん。

長期滞在の日本人もワンサカいる。

1ヶ月滞在と言うと「短いね!」と言われるのが驚きだった。

 

当時は英語を勉強しているがほとんど話せない状態。

1ヶ月の短期留学に期待していた!

まずホストマザーはスリランカの移民で、無茶苦茶インドなまりの英語。

余計さっぱり聞き取れない。

カナダは移民の国で、ホストファミリーは移民が家計の足しにやってることが多い。

周りの生徒のホストファミリーも全員移民たった。

ま、それでも英語に違いはないからやらないよりいいでしょうよ。

 

語学留学の初日。

テストを受けて中級のクラスに入った。

生徒は7割が日本人。

あとはラテン系、韓国人、ドイツ人など。

授業は英語だけど、学校では先生以外ネイティブと話す機会はない。

教室には10人ぐらいの生徒がいるので、授業で自分が話す機会もそんなにない。

 

あれ?

せっかくカナダに留学したのに、相変わらずネイティブと話す機会が少ないじゃないか。

これじゃ日本と同じだ。

 

というのが、私が受けた印象。

 

放課後は街の図書館で勉強したり、クラスメイト(非ネイティブ)とお茶したり。

悪あがきして、デパートなどで店員さんに話しかけたりしたが、所詮お店の人とそんなに長くは話せない。

 

それでも、週末には地元のアクティビティに参加して冷や汗かいたり、なんとか留学を生かせるように務めた。

 

・・・1か月後の成果。

Sorryが自由に使いこなせるようになった。

以上。

 

Sorryという言葉は、ちょっと謝るときだけじゃなく、道を開けて欲しいときや、相手の言ったことが聞こえなかったとき、など色んな用途に使える。

 

シチュエーションと言葉をセットで覚えたので、どんなときに使うのか体で覚えた。

これが留学の醍醐味だと感じる。

もっと長くいたらこんな言葉が増えて行き、最終的には話せるようになるのかな〜。

 

結論

私のやり方では1か月ではちょっと慣れた程度で終了。

とても「話せる」までにはいけない。

もっと環境がよい学校に入ったら違うのかも。

半年いる人でもそんなに話せるようになってなかったので、「何か月留学した」はあんまりあてにならないように感じる。

 

しかし、それでも時間とお金が許せば行ったほうがいい。

留学は日本で働いているとなかなか時間が許さないが、

行けるなら行ったほうが、異文化でのよい経験になるし素晴らしい思い出にもなる。