モウソウの森

なるべく疲れずに生活の最低限をクリアするズボラライフを研究。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

知床ツアーは旭川や富良野と比べて意外と高くなる理由が分かった

知床旅行

みなさん、夏の旅行の予定は立てましたか?

私は知床に行くことにしました。

知床ってどこかというと、北海道の右上の飛び出た半島です。

 

なぜ知床かというと、大自然があるからです。

世界遺産として登録されていて、それも自然遺産なんですよ。

大自然でないわけがない!

 

私が予想している大自然とは、写真で見るよりずっと広大な森と水辺です。

濃厚な緑と土と水のにおいです。

知床五湖やいろんな滝を、マイナスイオンをたっぷり浴びながら散策します。

 

それから、北の国からのロケ地にも行きたいです。

北の国からの舞台は富良野が中心ですが、 最後のほうは知床の羅臼になるんですよ。

 

知床ツアーは意外と高い

知床は初めて行く場所なので、飛行機とホテルがセットになったツアーで行こうとしました。

しかし、意外と料金が高いです。

同じ北海道でも札幌、旭川、富良野あたりと比べると1.5〜2倍ぐらいします。

なんでだ〜〜!

 

札幌、旭川、富良野あたりは、夏に4泊だと5万円ちょっとで行けます。

しかし知床は8〜10万ぐらいになります。

それじゃバリに行くのと大して変わりません。

仕方ないのでツアーではなく、フライトとホテルを別々に予約することにしました。

 

フライト

ツアーが高いのは飛行機代のせいかなと思いました。

しかし、エアドゥの75日前割引で予約すると、なんと羽田ー女満別空港の往復で21000円でした。

安い!!

変更が一切できないのでちょっとリスクありますが、安いので覚悟を決めます。

 

ホテル

フライトは高くないのに、ツアー料金がなぜ8〜10万になるのか。

ホテルを検索するとわかりました。

 

私が泊まりたいウトロというエリアは、知床半島の真ん中上付近にあります。

ホテルがそんなにありません。

半島付け根の斜里町というエリアにはもっといろんなホテルがあって、ビジネスホテルなどもあり値段も手頃です。

しかし、大自然と遠くなるのでウトロに泊まりたい。

ウトロのホテルはだいたい同じような価格帯で、1泊1人13000円からです。

4泊で6万円ぐらい。

お高い〜〜。

いつもは飛行機とホテルで5万円ぐらいでおさめるのに、今回はホテルだけで6万円。

自分史上ではかなり高級な旅行となりました。

 

まとめ

北海道旅行はたいていツアーのほうがかなり安いですが、知床の場合は個人手配のほうが安いかもしれません。

早割で飛行機代を安く抑えることができるからです。

ホテルの費用はツアーでも個人手配でも安くできないと感じました。

ホテル数が少ないし夏に集中するので、仕方ないですね。

 

まだ4月ですが、夏の旅行は混むので早めに手配することをおすすめします。

 

 

おとな旅プレミアム 知床・阿寒 釧路湿原 (おとな旅PREMIUM)

おとな旅プレミアム 知床・阿寒 釧路湿原 (おとな旅PREMIUM)

 

 この本買いました。