モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

劇団四季ミュージカル「アラジン」のC席のコスパが最高すぎる件

劇団四季アラジン

劇団四季ミュージカル「アラジン」って、四季の作品の中でもすごく面白いんですよ。

去年感激したので、今年もリピーターとして行ってきました。

汐留の電通四季劇場です。

 

汐留駅から直結しています。

この時期はイルミネーションがきれいで、平日夕方には人だかりができていました。

美女と野獣の曲が流れていましたよ。

今からミュージカルを観る人としては、気分が盛り上がります。

 

建物脇の階段かエスカレーターを3階まで上がると、入り口があります。

 

今日のキャストは・・・

ジーニーは道口端之さんという方ですね。

前回の瀧山久志さんがめちゃよかったので、私の中でジーニーの期待値のハードルが上がっています。

さてどんなジーニーを見せてくれるのでしょう。

 

魔法のランプは休憩中は混雑するので、先に写真撮影します。

1回目の経験が生きています。

 

C席はコスパ最高

今回もC席3千円でした。

C席が一番激戦なんですよ。

予約開始日に1年先まで埋まってしまうぐらいです。

後ろから2列だけがC席で、その前の2列のB席はいきなり6千円になります。

その前のちょっとだけがA席8千円で、ほとんどはS席11000円なのです。

つまり、C席はコスパ最高です。

 

私もC席を予約開始後すぐに予約して、この日まで1年以上待ちました。

つまり周りのC席の人は、全員1年以上前に予約しているということです。

おそるべし!

 

となりにはサラリーマンの男性2人が座っていて、ぱっと見ミュージカルとか興味なさそうだったので、お付き合いできたのかなと思いました。

しかしキャスト表を観て「この前と全然違う〜!」と盛り上がっていたので、やっぱり

リピーターさんと判明。

 

その他、C席は拍手のタイミングとか絶妙で、やっぱりなんども来ている人が多いのだろうな〜と感じました。

野球の外野席みたいな一体感がありましたね。

 

意外な反応

今回は学校行事で来ている高校生が多かったので、いつもと違って面白い反応のシーンがありました。

アラジンとジャスミンがキスをするシーンです。

前回は静かだったのですが、今回は「きゃ〜!」という歓声が上がったのです。

生キスは刺激が強かったのかもしれません(笑)

新鮮でウケました。

 

こんないい舞台が観られるなんて、東京の高校生は幸せですね。

私は地方出身なので、四季なんて大人になるまで観たことなかったです。

 

ジーニー

瀧山さんが良すぎたジーニーについても、道口さんも違和感がなくて十分よかったです。

個人的には瀧山さんのほうがこなれ感があって、しっくりきました。

ま、私の中で1回目のほうが素晴らく思える補正がかかっているのかも。

 

全体的にもやっぱり「アラジン」は最高のミュージカルで、ホールニューワールドのところでは泣きそうになりました。

たくさんの星空の中、魔法の絨毯が宙に浮かぶシーンは圧巻です。

 

アラジンの友達3人組は、全員無駄に声がいいです。

いや、全然無駄じゃないんですが、主役級でないのにこのクオリティって贅沢だな〜と感心しました。

さすが劇団四季はいい人が揃っていますね。

 

まとめ

2回目も素晴らしい体験ができました。

やっぱりアラジンは別格!

3回目を予約しようとしたところ、やっぱり来年末分までC席はもうなかったです。

発売日からちょっと日がたっていたためです。

でもC席以外だったらもっと予約しやすいので、ぜひおすすめします。