読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

I'm satisfiedはそんなに満足していないだと?

英語学習エッセイ

f:id:nemie:20160529092656j:plain

英会話学校に通ってた時、ネイティブの先生と職場環境の話になった。

 

「職場環境に十分満足しています」

と言おうとして

"I'm satisfied with my working environment."

と言った。

 

be satisfied with〜は、「〜に満足している」という意味だと学生時代に習ったからだ。

 

すると先生から驚く指摘があった。

satisfied withだと私の伝えたいニュアンスと違うと言うのだ。

 

先生によると、

satisfied withは「〜に満足している」というよりも「〜に文句はない」というニュアンス。

つまり、私は満足度120%と言いたいのに、80%と受け取られるわけだ。

 

120%を表現するにはveryを追加して、I'm very satisfied withにして、さらにveryを強調して言う。

または、他の表現を使ったほうがいいのだ。

 

I'm satisfiedについて、I'm fineと似たような勘違いをしていた。

この2つの表現は、日本人が思っているほど「とってもいい」というニュアンスではない。

OK、悪くない、ぐらいの雰囲気。

 

「とってもいい」と言いたい時には、言い方を大げさにしたり、言葉を追加したりする必要があるのだ。

 

 

 関連記事

www.m-forest.net