モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

「〜さん」は「ミスター」と同じと外国人に説明すると陥る予想外の事態

〜さん

会社で日本に出張で来ているイギリス人と、打ち合わせをすることになった。

 

会議室に入るとすぐに深刻な面持ちで「まず最初に聞きたいことがある」と。

「何事!?」とビビっていると、彼は「日本人の名前の後につける"〜さん"って、男性と女性とどっちに使ってもいいのか?」と質問してきたので拍子抜けした。

 

彼は日本人に「〜さん」の意味を聞いたら「ミスターと同じ」と説明されたので、男性にしか使えないと思っていたのだ。

それなのに他の外国人が女性にも〜さんって使っているので混乱してしまったようだ。

「女性にミスターなんて失礼ではないか」って。

 

ま、確かに「〜さん」の意味を聞かれたら「ミスターみたいな、人の名前を丁寧に呼ぶときに付けるもの」って説明してしまいそう。

だって、まさかここでミスターとミスと区別するなんて思わないんだもん。

でも逆に欧米の人からしたら男性と女性の呼び方が違うのが当然なので、同じ敬称を使うなんて不思議で仕方ないのだろう。

 

女性の敬称

さらに女性の敬称は3種類もある。

Ms.  (ミズ)結婚に関わらず

Miss. (ミス)未婚

Mrs. (ミスィズ)既婚

 

もう全員 Ms.(ミズ)でいいじゃん!と思ってしまう。

未婚か既婚かで分ける必要ある??

と思う人が多く、最近はメインでMs.を使うようだ。

 

昔は女性は未婚か既婚かがメチャクチャ重要だったのだろう。

面倒臭い呼び分けが廃れつつあって、よかった。

 

Mr. Ms.は丁寧

とはいえ私はほとんどMr.もMs.も使わない。

会社の同僚にはそんなの付けると丁寧すぎておかしいからだ。

Mr. Ms.は「〜様」みたいなノリ。

 

注意点として、これらは名字にしか付けない。

Mr. Suzukiは合っているけど、Mr. Takeshi  はおかしい。

丁寧に呼ぶ時は名字ってことだ。納得。

 

 

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!