モウソウの森

なるべく疲れずに生活の最低限をクリアするズボラライフを研究。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

ネイティブは意外とReally?とは言わないで代わりに何と言うか

Really?

英会話をしていると、よく「Really?(本当?)」って言いたくならないだろうか。

私もしょっちゅう使っていた。

でもネイティブを含む外国人と英語で話していると、Really?ってあまり聞かないことに気づいた。

 

使うとしても本当に信じられない話を聞いた時ぐらい。

「今日で会社辞めるんだ」

「宝くじで大金が当たったんだ」

「この服バーゲンで千円で買ったんだ」

みたいな。

 

そもそも日本人はどうしてReally?と言いたくなるんだろう。

Really?は実際は「それ信じられないけど真実ですか?」というニュアンスに近い。

しかし、日本人は「そうなの?」というあいづちとしての認識が強いようだ。

 

日本はあいづち文化なので、「聞いているよ」アピールをするためあいづちが大事。

何か言われた時、とりあえずのあいづちでReally?と言いたくなるのだ。

「雨が降ってきたよ」

「趣味で釣りを始めました」

「昨日の晩御飯はカレーでした」

などと言われた時に「そうなの?」という意味でReally?と言いたくなる。

全く疑っているわけではない。

 

ネイティブはこんな軽い会話にReally?と言われると、ちょっとした違和感を感じてるのではないだろうか。

別にいちいち指摘しないけど。

 

あいづち代わりに何と言ったらいいか

では、「そうなの?」ぐらいの軽いあいづちがしたい場合、代わりに何と言ったらいいのか?

便利で使いやすいのは、相手の言った言葉を使うこと。

 

例1

It's very warm today.

(今日はとても暖かいね)

Is it?

(そうなの?)

 

バリエーションとして

It is.

(そうだね)

もある。

この場合isを強めに発音すると「ほんとだね〜」という感じがでる。

 

例2

I started marathon.

(マラソンを始めたよ)

Did you?

(そうなの?)

 

例3

I'm very hungry.

(すごくお腹すいた)

Are you?

(そうなの?)

 

こんな感じで、相手が使った動詞を使えば軽い相づちが打てる。

be動詞だったらbe動詞を使う。

動詞の過去形だったら動詞の過去形という風に。

 

最初は「動詞はなんだっけ?」と思うかもしれないけど、慣れたら簡単でめちゃ便利なので使ってみてほしい。

 

 

ネイティブに笑われないクールイングリッシュ ―日本人の9割はダサい英語を話している (impress QuickBooks)