読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

ピラティスを一言でいうと地味な筋トレという印象

ホットヨガ

f:id:nemie:20160814101013j:plain

ホットヨガスタジオで、最近ピラティスのクラスも受け始めた。

 

以前1度ためした時、ピラティスは筋トレという印象をうけた。

独特な動きはあるものの、基本的には全て筋肉に負荷をかけてトレーニングする。

筋トレ嫌いの私には苦痛で、ストレッチ中心のヨガのほうが気持ちがいい。

それですっかりピラティスから足が遠のいていた。

 

しかし、通っている整体の先生もアロママッサージの先生も、ピラティスはいいと言う。

インナーマッスルという深層部にある筋肉を鍛えることにより、正しい姿勢がキープできるようになるというのだ。

 

インナーマッスル!

なんか大事そう。

ヨガはその場で伸ばして終わりだけど、インナーマッスル鍛えておけば体にいい状態が続くのでは?

と考えた。

 

ストレッチも大事だし、ヨガでも筋肉をかなり使う。

だからヨガも十分いい。

でも筋肉があんまりない私は、ピラティスをやったら効果が劇的に出るのでは!?

と期待を胸に久々にピラティスを受講。

 

初めての先生でどんな負荷なのか不安。

知らない先生のクラスの場合、一番気になるのは負荷なのだ。

人によってかなり違う。

 

先生は、地味な動きの筋トレを絶妙な回数で進めていった。

もう無理と思うちょっと手前。

もう無理と思うところまでやられると、次回行くのが苦痛になる。

「あんな辛いの、いやだな〜」って。

でもその加減が絶妙だった。

動き自体も地味で、筋肉をピンポイントで小さく動かす感じ。

 

「あれ?意外と平気だった」と、最後に思った。

これなら続けられそう。

 

地味な動きと裏腹に、翌日はかなりの筋肉痛となった。

筋肉に効いているのだ!

なんだか嬉しくなって、今後はヨガとピラティスを半々で受講しようと思った。

 

 

 

ピラティス ダイエット Level.1 [DVD]

ピラティス ダイエット Level.1 [DVD]