読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

ペンション宿泊に向く人、向かない人

お役立ち情報

f:id:nemie:20160123135559j:plain

ペンションのイメージって人によって全然違う。

 

私のイメージでは、乙女チックなインテリアのかわいい部屋に滞在して、オーナーからアットホームなもてなしを受けるというもの。

素敵じゃないか!

そこで、次の旅行でペンションに泊まろうかと考えていた。

しかし、ペンションが苦手という人が結構いることに驚いた。

 その理由とは?

 

ペンションライフの特徴

ペンションは基本、風呂とトイレが共同。

食事は宿泊者が一緒の時間に交流しながら食べる。

消灯時間が決まっているところまである。

つまり、寮生活なのだ。

ペンションは他人の家に泊まること、という言葉を聞いて名言だな〜と関心した。

 

では、どんな人に向いているのだろう。

 

ペンションに向く人

知らない人と一緒に生活するのに抵抗がない人は大丈夫だろう。

むしろ、刺激的で楽しいかも。

寂しがりやで1人になりたくない人もいい。

風呂とトイレが好きなときに使えないかもしれないが、細かいことは気にしない人。

安いことが多いので、予算を抑えたい人。

 

ペンションに向かない人

プライベート空間が大事な人。

他の人といると気を使ってしまう人。

自分のペースで生活したい人。

 

まとめ

自分は旅先では他の人を気にせず自分のペースで過ごしたい。

風呂はいいけどトイレが共同なのはつらい。

ということで、おとなしくホテルにするか、ペンションでもコテージみたいに独立したところを選ぶことにする。