読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

男性の新分類法「紙コップをくわえるのが似合う系、似合わない系」

妄想エッセイ

f:id:nemie:20160730091859j:plain

昨日職場で外国人が空になった紙コップをくわえて歩いていた。

PCを持っていて両手がふさがっていたのだろう。

けっこう偉い人だったけど違和感なかった。

 

別の超真面目な熱血上司が紙コップをくわえているところを想像してみた。

吹き出してしまった。

ありえない、彼は絶対紙コップをくわえない!

さらにそれを上下にブラブラさせたりしない。

決して似合わないのである。

 

職場の男性には空の紙コップをくわえるが似合う人、似合わない人がいることに気づいた。

 

こうなるともっと分類したくなる。

 

ぽっちゃりおおらかな彼は

・・・違和感なし!

コーヒーがちょっと残ってるのにくわえて、スーツにこぼして騒ぎそう。

 

強面でSPみたいな風貌の彼は

・・・ないない!SPは決してそんな隙を見せない。

せっかくの緊張感が台無しである。

 

ちょっぴりチャラいイケメン風の彼は

・・・意外と似合わない!

もっとゆるい雰囲気が必要とされる。

 

何事も全力投球の若手の彼は

・・・基本的には似合わない。

でも、残業中にうっかり隙を見せてコップをくわえてくれたら萌えるかも。

 

なぜか仕草がフェミニンな彼は

・・・君は何やってもよし!

何でも似合ってしまうキャパの大きさがある。

 

王子と呼ばれてしまう高貴さを醸し出す彼は

・・・絶対似合わない!

バラの絵のティーカップで紅茶を飲んで欲しい。

 

などなど、

身近で独自に検証したところ3:2で似合わない人が多めだった。

しかし、グレーゾーンの人もけっこういて「似合わないけど意外とアリかな?」と感じる人もけっこういる。

 

似合う人の魅力は、ゆるい感じ、リラックス感、フレンドリーな雰囲気。

似合わない人の魅力は、ちゃんとした感、信頼感、高貴な雰囲気。

 

草食系、肉食系などのポピュラーな分類法がすでにあるけど、

このどうでもいい

「紙コップくわえるのが似合う系・似合わない系」を新たにな分類法に提案する!

 

似合う人は、難易度がより高い、「くわえてブラブラさせる」、「くわえたまま歩く」に挑戦してほしい。