読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

外国人にThank youと言われた時の返し方3つ

英語学習エッセイ

Thank youへの返し方

f:id:nemie:20161031082202j:plain

外国人にThank youと言われたらなんて返せばいいのか。

 

日本人的に一番に思いつくのが

You are welcome.

(どういたしまして)

 

この他によく使うのが

No problem.

(なんてことはありません)

 

My Pleasure.

(喜んで!)

 

面倒だから全部You are welcomeでよくない?

と思うかもしれないが、個人的には違和感があって使いづらい時がある。

 

例えば、そんなに大したことをしてない時。

「ちょっと一瞬ペンを貸して」「どうぞ」「ありがとう」なんてやりとりの時だ。

You are welcome(どういたしまして)というほどのことはしていない。

なんだかちょっと恩着せがましい気がして、言いにくい。

こんな時は、No problemのほうが気軽に言える。

 

しかし、すごく感謝されてお礼を言われたときに返しがNo problem. だと「若干ビジネスライクかな?」と感じる。

仕事でお世話した外国人が帰る時に「いろいろ本当にありがとう」と言われたときは、やっぱりYou are welcomeかMy pleasureがしっくりくる。

 

My pleasure 

My pleasure(喜んで!)は感じが良くて、用途的にはいつでも使える印象。

でも心の余裕がないと使えない(笑)

 

会社で忙しい時に、外国人にプライベートの件で何か頼まれると「もう、やることいっぱいあるのに!」と内心思ってしまう。

わりと良くあるのだけど、

「日本語で入ってる留守電聞いて内容を教えて」

「この日本語で来た手紙、何て書いてあるの?」

などなど。

 

そんな時お礼を言われても、なかなかMy pleasure(喜んで)とは言えない。

喜んでないからだ!

人間、思ってないことを言うのはストレスがたまる。

そういうときはNo problem.で流す。

 

No problem at all.

(全然いいよ!)

at allをつけて力強く言えば、My pleasureと同じニュアンスも出せそう。

 

 

 

英語即答トレーニング 自然なひとことがさっと口に出る!

英語即答トレーニング 自然なひとことがさっと口に出る!