読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

英語で「悪気はない」表現を覚えておくと、つい暴言を吐いてしまう人は助かる

英語学習エッセイ

f:id:nemie:20160801073345j:plain

英語でふと思った事を言ったら、暴言になってしまったことはないだろうか。

ただでさえ日本語より表現力がなくなるので、乱暴になってしまいがちだ。

 

海外ドラマ「グレイズアナトミー」で、毒舌のクリスティーナが暴言を吐いた後に言った言葉。

" No offense."

(悪気はないの)

 

クリスティーナの言い方から「悪気あるだろう」とツッコミたくなるけど、暴言を吐いてしまう人には便利な表現である。

誤解を与えかねないことを言った後などに付け加える。

 

offenseの意味は、悪意、攻撃、違反など。

スポーツで攻撃側をオフェンスというあれだ。

 

"Don't be offended."

(気を悪くしないで)

という表現もある。

こっちのほうがちょっとだけ丁寧かもしれない。

なんせ英語は長いほど丁寧になるので。

 

 

単体で使う他にこんな使い方も。

No offense, but I don't like your clothes.

(悪気はないんだけど、あなたの服は好きじゃない)

 

こんなこと悪気なく言ったらもっとひどい人っぽい(笑)

 

 以上、offenseを使った「悪気はない」表現はを覚えておくと、つい暴言を吐いてしまう人には便利。

 

 

どう言う?こう言う!ほんとの英語―エリックの幸せな一日編

どう言う?こう言う!ほんとの英語―エリックの幸せな一日編