読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

高速艇で高松港から直島に、船酔いにビビりながら行ってきた

高松港から直島へ高速艇で

里帰りしたついでに、また直島に言ってきました。

友人が赴任しているためです。

1年で2回も直島に行くとは思いませんでした。

 

前回行ったのは月曜で、いろんなお店が定休日、人はまばらという状態でした。

今回は日曜なので、どう違うのでしょう。

 

高松港から9時15分の高速艇に乗ります。

フェリーと高速艇は乗り場が違うことを前回学んだので、今回は間違えません。

 

窓口できっぷを買って、桟橋で待ちます。

が、私は船酔いします。

桟橋も若干揺れるのでギリギリまで桟橋にも乗りたくありません。

手前で少し時間を潰して、10分前に乗り場に行くと・・・

 

めちゃ混んでる〜〜!

前回は全部で10人ぐらいだったのに、今回は日曜の朝なので50人ぐらいいます。

酔いにくい外の席から埋まってしまい、私は中の席へ。

 

お客さんは半分が外国人。

アジア系と欧米系が半分ずつぐらい。

アジア系は韓国の方が多いようです。

 

出発まで8分もあり、この時点でも船は揺れているので不安はマックスに。

早く着いて桟橋で並んでおくのだった〜!

必死で深呼吸して目を閉じて酔わないようにしました。

 

そのうち出発。

船が走っている間はそんなに揺れないので、なんとか25分間酔わずに終えました。

 

着いた〜。

 

帰りは水玉のフェリーで帰ります。

草間彌生さんの赤いかぼちゃも手前に見えてますね。

大勢の観光客が囲んでます。

やっぱ日曜は人の数が全然違いますね。

 

駅前のレンタルサイクルのお店。

水玉の赤と黄色のかわいい自転車がありました。

電動自転車は千円で借りられて良心的ですね。

 

私は友人の車で港を後にしました。

つづく。

 

 次の記事。

www.m-forest.net

 

 

 関連記事

www.m-forest.net

www.m-forest.net

www.m-forest.net

www.m-forest.net