モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

ドラマ「優しい時間」のロケ地「森の時計」でコーヒー豆を挽いた2017年6月

森の時計

新富良野プリンスホテルでは「森の時計」という喫茶店に向かいました。

倉本聰さん作の2005年のドラマ「優しい時間」の舞台となった喫茶店です。

寺尾聡、大竹しのぶ、二宮和也、長澤まさみ、余貴美子などが出演している、親子の愛を取り戻すストーリーです。

 

去年ドラマを観て予習してから訪れました。

そして今年も再訪です。

もちろんドラマをまた全部観て復習しました。

そのほうが気分が盛り上がるじゃないですか。

 

ホテルの敷地内のウッドチップの坂道を5分ほど降ります。

オゾンがたっぷりの最高にさわやかな環境です。

幸い雨は上がりました。

 

いつも満員の喫茶店なので、今日はすいてるといいな〜。

ちょっと早足になります。

 

見えてきた〜!

ドラマの設定では、この喫茶店の屋根裏部屋にマスターの寺尾聡が住んでいます。

去年店員さんが「実際には屋根裏部屋はない」と言っていましたが、外観からは屋根裏部屋っぽいものが見えますね。

単なる飾りなのでしょう。

本当にあって欲しいですが。

 

さて混み具合はどうでしょう・・・。

すぐ入れますように!

 

店内

店内上部。吹き抜けになっているので天井が高いです。

 

店に入ったところ。

この写真では誰も写っていませんが、実際は10人ぐらいが座って待っていました。

平日なのにさすが!

アジアの外国人がいっぱいです。

みんなドラマを観て来てるのでしょうか。

 

テーブル席はわりとすぐ空きましたが、カウンター希望のため20分ぐらい待ちました。

だってカウンターしかコーヒー豆を挽けないんです。

それがやりたくって来てるってのに。

 

壁には銀細工が。

ドラマ内で長澤まさみが清水美砂に銀細工を習ってたやつです。

店内をキョロキョロしながら待っていると、ついにカウンターに案内されました。

 

カウンター席は9席ぐらい?しかないので、もっと待つかと思いました。

しかし、旅行中で観光地の1つとして寄るらしく、飲んだらすぐ帰る人が多かったです。

旅行ってスケジュールが詰まってますもんね。

普通のスタバみたいにゆっくり何かするという感じではなさそう。

 

メニュー

 

ケーキセット1240円をオーダーしました。

コーヒー600円、ケーキ780円なので、140円お得です。

 

コーヒーはやっぱり520円のままであってほしかった。

ドラマ内でお客さんが520円を払って帰るシーンが何度も出てくるからです。

 

コーヒー豆を挽く

ついにコーヒー豆を挽くことになりました!

これがやりたかった〜。

ドラマではマスターと世間話をしながら、ミルを挽くんですよね。

 

スプーン1杯の豆をコーヒーミルに入れて、3分ほど回します。

ゴリゴリゴリ・・・。

結構力が入ります。

 

挽き終わったものを店員さんに渡すと、ボールに入れて香りをかがせてくれます。

香ばしい〜!

これは私と同行者の2人分です。

 

ケーキは「初雪」。

チョコのクリームが乗ったガトーショコラだそうです。

クリームはふわっとして、ガトーショコラはしまっています。

甘さ控えめでおいしい〜。

 

店員さんがゆっくり落としてくれたコーヒーとともにいただきます。

自分で挽いたコーヒーはうまい!

 

周りは森なので、ガラス張りの正面に木が風に揺れるのが見えて癒されます。

ミルの横にドラマで二宮くんが寺尾聡に作ってあげた皆空窯のコーヒーカップが置かれていますね。

あれを使ってみたい!

 

店内を振り返ると、テーブル席は空いてきていました。

もう夕方だからです。

 

ふくろうの彫刻の写真を撮って、お店を後にしました。

今年も森の時計に来られてよかった!

 

優しい時間

優しい時間