モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

南国に行ったらマンゴスチンを食べるべし!うますぎた。

マンゴスチン

雨季の南国ってフルーツが豊富なんです。

バリでいろんなフルーツを食べましたが、中でもおいしかったのはランブータンとマンゴスチンです。

ランブータンは写真がないのですが、ライチに毛がフサフサ生えたようなフルーツ。

中身もライチにそっくりなのですが、味が違います。

もっとクセがなくて甘くて美味しい。

 

そして、一番気に入ったのがマンゴスチンです。

これです。

観光客用のスーパーで買ったので2つで200円ぐらいしましたが、普通の市場で買ったらもっと安いはず。

 

手で割れます。

中に白い果実が入っていて、1つずつ取って食べます。

これがめちゃくちゃジューシーで甘い〜〜。

美味しすぎてもっと食べればよかったと後悔です。

 

マンゴスチンは日本ではあまりお目にかかりませんね。

調べたところ日本では栽培に成功していないので、輸入品しかないそうです。

 

この赤い皮の部分は染料としても使われるほど染める力が強く、シーツなどについたら取れないので、マンゴスチンを持ち込み禁止にしているホテルがあるそうです。

 

たしかにテガルサリでも「シーツやタオルにフルーツなどの汁がついたら罰金」という貼り紙がしてありました。

要注意フルーツですが、こんなに美味しいのならばバリに行くたびに毎日食べたいです。

包丁がなくても大丈夫なところがポイント高いですね。

ぜひ南国で見かけたら食べてみてください。