モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

映画「海賊とよばれた男」は2時間半もあるけど全然飽きなかった

映画「海賊とよばれた男」

f:id:nemie:20170102105345j:plain

百田尚樹さんの「海賊と呼ばれた男」の小説をだいぶん前に読んだ。

分厚いし上下巻あるので、かなりの分量だ。

でも面白いのでスラスラと読めた。

そこで、最近始まった映画版も観に行った。

 

ちなみに、海賊の話ではなくて、戦後の石油業界を切り開いて行ったビジネスマンの話である。

ドラマ「不毛地帯」と同じ様な面白さがある。

 

映画は2時間半ほどの長さなんだけど、全然飽きなかった。

以下、ネタバレなしで感想をあげていく。

 

面白かったところ

ストーリーは小説と同じだけど、原作が長いので映画ではかなりはしょっている。

でもがんばってポイントは詰め込んでいるな、という印象。

うまくまとまっていた。

一難さってまた一難の繰り返しで、ハラハラドキドキする。

主人公が日本の発展ために、石油を確保しようとする姿は感動的。

 

主人公の岡田くんの特殊メイクがすごい。

岡田くんは30台後半だけど、いきなり60歳の役で出てくる。

しわやシミがリアルで、知らなかったら本当に60歳に見える。

さらに90歳になるシーンもあって、違和感ないのでメイクってすごいな〜と感心。

もちろん岡田くんの演技力もすごい。

 

吉岡秀隆さん演じる東雲忠司キャラが面白い。

シノさんと呼ばれる国岡商店の主要な店員の1人。

吉岡秀隆さんは、頼りない男をやらせたらピカイチ!

北の国から、3丁目の夕日、この映画と、

愛すべき頼りないキャラが冴え渡っていた。

 

国岡商店の店員さん(社員)が生き生きしてていい。

働くって楽しいことだったんだな、と思わせてくれる。

映画には出てこなかったけど、小説では、国岡商店は社員を信用していて「タイムシートがない会社」というのが特徴だった。

社員はタイムシートという概念さえ不要で、全員会社のためによく働くのだ。

店主(社長)も社員を家族のように思っていて、戦争から戻っきて怪我をして働けない間も給料をずっと支払う。

素晴らしい関係だなと感じたが、時代変われば「タイムシートなしで働かせるなんてブラック企業」と非難されていることを知った。

社長に愛があるからこその国岡商店システムで、もっとドライな現代では成り立たないのかもしれない。

 

もっと観たかったところ

綾瀬はるかさん演じるユキは、主人公の奥さん。

小説では結構たくさん出てきたのだけど、映画では出番が少なかった。

すごく切ない役どころなので、もっと観たかった。

 

まとめ

小説を読んでストーリーを知っていても、十分楽しめた。

眠くなる暇も全然ないので、オススメできる映画だ。

一緒に行った人は、小説も読んでないしあまりこの作品に興味がなかったけど、面白かったと言っていた。

 

私はこの小説を読んでから、出光の看板を見ると「日本のためにありがとう」と思ってまう。

出光興産がモデルとなった話だから。

 

映画を観た後、小説を読んだらかな〜りストーリーが補完されて面白いはず。

なんせ分厚いのが2冊もあるから。

 

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

 

 

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)