モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

ホットヨガ、ドライヨガそれぞれに長所があって結局両方通ってしまう

ホットとドライのスタジオ

f:id:nemie:20170204221559j:plain

ホットヨガスタジオに2年半通いつつ、半年前からドライ、というか普通の温度のスタジオにも通い始めました。

どっちもいいので絞れず、結局交互に週1で通っています。

最近はヨガよりピラティスクラスばっかり受けてますが。

 

ホットとドライのスタジオのそれぞれの良さを考えてみました。

 

ホットスタジオのメリット

  • とにかく汗をかくので、スッキリする。
  • 体が温まるので冷えてる冬は特に嬉しい。
  • 翌日のお肌が違う。

 

なんだか体がスッキリしない時、ちょっと不調な時にホットヨガ、ピラティスを受けたくなります。

「老廃物全部出た〜!」というスッキリ感がいい。

実際、調子がよくなります。

リセットできる感じ。

あと、翌日に重要イベントがあるときは、お肌のために出たいです。

 

ドライスタジオのメリット

  • トレーニング内容に集中できる
  • 負荷が強いのでしっかり鍛えられる
  • 大して汗をかかないので、シャワーを浴びる必要がなく短時間で済む

 

ホットスタジオでは暑いし湿気が多いので、負荷が弱めの運動が多いです。

それでも十分つらい。

一方、ドライスタジオでは暑くないし呼吸も楽なので、トレーニング自体に集中できます。

また、トレーニング内容がきつい分、結果が出やすいと感じます。

シャワーを浴びる必要がないのもすごく楽。

その分荷物も少なくて済むし。

 

まとめ

両方にいいところがあるので、結局ずっと交互に通うんだろうな〜。

普段はドライスタジオで鍛えて、スッキリしたい時にホットスタジオを入れていく、というのが良いと感じています。