読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

美人の帰国子女のノートのきたなさに度肝を抜かれた話

英語学習エッセイ

f:id:nemie:20160801073345j:plain

「外国人が手書きした英語、読めない〜!」と思ったことないだろうか。

日本人が書くアルファベットより何だか丸っこい。

そして見本のアルファベットと全然違って読みにくい。

 

上司が外国人だったとき、手書き書類で全く読めない箇所があって困ることがよくあった。

周りの人に「これ、なんて書いてあると思う?」と聞いて回る。

みんな首をかしげる。

しかしたまに読める人がいるから不思議。

きっとロールシャッハテストと同じで、人によって見えかたが違うのだ。

中には文字に見える人もいる。

 

通訳学校に通っていた時、クラスメイトに美人の帰国子女がいた。

彼女が書いたノートを見た時びっくりした。

「え、これ本当に彼女のもの!?」と。

圧倒的な文字のきたなさ!!

しかも書く位置も全然そろってない。

美人の彼女と、ノートの印象が全く一致しない。

がさつな男性のものなら納得するけど・・・。

「そっか、帰国子女だからか」と後で気づいた。

ホンモノなのだ。

 

会社の研修を外国人に混じって英語で受けた時、グループワークがあった。

私は、ホワイトボードにみんなの意見を書いていった。

最後に誰が代表としてグループの意見を発表するか決める時に、hand writingがきれいだからという理由で私になった。

「え、そこ?別に全然文字きれいじゃないでしょ。」と驚いた。

かなり雑にアルファベットを書きなぐっていただけだ。

 

そこで、「日本人の書くアルファベットはきれいに見える」ということに気づいた。

外国人の筆跡と比べると分かる。

日本人の書くものは、お手本のアルファベットに近い。

どんなにくずして雑に書いても、外国人のと比べたら整っている。

しかも、レイアウトや文字の大きさもそろってしまう。

国民性が文字にも出てしまう。

これは当然のことではなかったのだ。

 

普通に書くだけで文字がうまいと思われるなんて、嬉しい。

意外な特技を見つけた気分。

 

 

英語の名文をなぞる〈筆記体〉練習帳

英語の名文をなぞる〈筆記体〉練習帳

  • 作者: 三瓶望美,研究社編集部,筆記体:三瓶望美
  • 出版社/メーカー: 研究社
  • 発売日: 2016/05/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

美しい字が書ける アルファベット「筆記体」練習帳

美しい字が書ける アルファベット「筆記体」練習帳