モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

富良野で旧「北時計」の「ギャラリーあかなら」にお茶しに行った

北時計

新富良野プリンスホテルから車で5分ほど行ったところに、喫茶ギャラリー「あかなら」があります。

 

ここは元「北時計」という喫茶店で、ドラマ「北の国から」でしゅう(宮沢りえ)が純(吉岡秀隆)に手紙を読む有名なシーンの舞台です。

そして、ドラマ「優しい時間」では余貴美子が経営する喫茶店「北時計」として何度も出て来ました。

 

残念ながら2012年に北時計としての営業は終了しましたが、同じ建物で「あかなら」に生まれ変わってボランティアで運営されています。

 

ずっと行きたいと思っていたので、今回たずねてみました。

 

ドラマではこの看板がよく出て来ました。

ここには「北時計」と書いていて欲しかったけど、もう北時計じゃないので仕方ありませんね。

広い敷地の真ん中にログハウスが建っています。

駐車場も広いです。

 

テラス席も気持ち良さそうですね。

午前中に行ったのでお客さんは少なめでした。

 

店内

お店は半地下、1F、2F、で構成されています。

1Fのこの席かな〜、しゅうちゃんが手紙を読んでたのは。

 

「優しい時間」にいつも出て来るのは半地下のこのフロアです。

優しい時間ではお客さんがいたことがなかったけどw、この日はカウンターに2人ほど常連さんっぽい男性がいました。

 

カウンターに座らせてもらいます。

意外と広いんですよ。

ソファ席もありました。

 

暑い日だったのでアイスカフェオレをオーダー。

400円ぐらいだったかな?

女性店員さんが気さくに話かけてくれて心地よい空間でした。

帰りにここの写真が載っている手作りのしおりをいただきました。

来られてよかったな〜。

 

 

優しい時間写真集―富良野にて

優しい時間写真集―富良野にて