読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

使うたびに日本人同僚に苦笑いされる英語表現

英語学習エッセイ

f:id:nemie:20160730091859j:plain

日本人として使うのに違和感がある英語表現がいくつかある。

 

例えば以前のエントリーで紹介したこれ。

何かお願いするメールの最後に付ける。

 

Thank you in advance.

直訳 (前もってありがとう)

-->よろしくお願いします。

 

「もうお礼言ったから絶対やってよね!」と言ってるように感じてしまうのだ。

押しが強すぎて日本人的には使いにくい(汗)

 

 

他にも私がメールに書いて送るたびに、日本人同僚に苦笑いされる表現がある。

何かを再度知らせる時によく使う。

 

 This is just a friendly reminder that ~

(念のために〜をお知らせします)

 

例文)

This is just a friendly reminder that the due for the report is tomorrow.

(念のためお知らせしますが、レポートの締め切りは明日です)

 

friendly は「念のために」というニュアンス。

しかし、日本人には字面通り「親切にもお知らせしてあげる」という恩着せがましい印象を与えてしまうようだ。

「いつも friendly reminder ありがとう!」と冗談で嫌味を言われる。

でも気にせず使う。

 

 

同様の違和感表現としてはkindlyがある。

例文)

Please kindly send me the document.

(どうかその書類を送ってください)

 

本来はkindlyは「すみませんが」みたいな申し訳ないニュアンスのようだ。

しかし日本人的には「親切に〜しろ」と言われてるみたいで、ドキッとする。

自分ではなかなか使えない。

しかしよく使われるので、英語圏の人には自然な表現なのだろう。

 

 

ネイティブじゃないので、直訳から受ける印象から逃れられない。

表現とシーンがセットで体に染み付いたら、全く気にならなくなるのだろう。

 

 

 

英会話ペラペラビジネス100 ? ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]

英会話ペラペラビジネス100 ? ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]

  • 作者: スティーブソレイシィ,Steve Soresi,ロビンソレイシィ,Robin Soresi
  • 出版社/メーカー: アルク
  • 発売日: 2002/03/16
  • メディア: 単行本
  • 購入: 26人 クリック: 200回
  • この商品を含むブログ (40件) を見る