読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

ネイティブは「例えば」をfor exampleと言わないのはナゼだ〜!

英語学習エッセイ

学校で習ったのに・・

f:id:nemie:20160801073345j:plain

なぜだ〜!

「例えば」の英語は、学校でfor exampleだと習ったじゃないか。

なのにネイティブが使うのをほとんど聞いたことがない。

 

代わりにネイティブが良く使うのは

Let's say

である。

 

Let's say you are right.

(例えば、あなたが正しいとしよう)

How long does it take for application, let's say 1 hour?

(どれぐらい申し込みに時間がかかりますか、例えば1時間ぐらい?)

 

こんな感じで、let's sayの後に主語、動詞が来てもいいし、単に名詞が来てもいい。

Letを省略してsayだけの時もある。

Say you listen to the radio.

(例えば、あなたがラジオを聴くとしますね)

 

なんでfor exampleを使わないのか

for exampleは固すぎる表現だから使わないのではないだろうか。

日本語で言うと

let's say  例えば

for example   例をあげると

のような。

 

英辞郎でfor exampleを検索すると、固い例文が多く出てくる。

let's sayはもっとカジュアル。

だから口語ではlet's sayを使うことが多い。

海外ドラマでもよく出てくる。

便利な言葉なので使ってみよう。

 

 

絶対に使えるカジュアル★イングリッシュ (J新書)

絶対に使えるカジュアル★イングリッシュ (J新書)