読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

天候不順で飛行機が欠航した場合、次の便を待つか新幹線にするかメチャ悩む件

飛行機欠航

先日、里帰りして東京に戻る時のこと。

地方空港から羽田行きの9時半のJALを予約していた。

地方空港が濃霧のため、欠航の可能性があると朝HPに出ていた。

「何!?明日から仕事なのに困る!」

と思いつつ、ひとまず空港へ。

 

乗る気満々で売店でお土産も買って、搭乗手続きを済ませた。

混み合った登場ゲートで待っているとアナウンスが。

なんか色々話して、最後に「〜というわけで欠航になりました」だと。

一瞬脱力して、どうしていいかわからなかった。

 

しかし、次の瞬間いち早くカウンターに向かった。

せめて次の便に変更してもらうため。

どうしても今日中に帰らないといけない。

 

カウンターはすでに行列ができていて、並んでいる人にも職員さんが説明していた。

「天気は1日変わりそうないので、この後の便を待っても乗れない可能性が高いです。新幹線などに変更していただいたほうが確実です。」と。

 

待って。新幹線にしたら到着が夜になってしまう。

飛行機だったら1時間で着くのに!

新幹線なんて絶対いや〜〜〜。

私は一か八か次の便を待つ!

 

しかし、周りの人は変更じゃなくて払い戻しをしてもらう人が多かった。

出張っぽい人が多かったので、確実な方法を選んだのだろう。

 

中には「隣の県の空港に移動してそこからの乗るのはどうですか?」と聞いてる人もいた。

さらに不憫だったのは、旅慣れてない感じの老夫婦。

「羽田から成田に乗り継いでポーランドに行く予定だったのですが、どうしたらいいでしょう。」と職員の人に聞いていて、心から気の毒だった。

ポーランドの子供さんでもたずねるのだろうか。

これだから旅行は直行便に限る。

とはいえ、地方空港から直行便は無理なのだ・・・。

 

次の便を待つ

結局、2時間後の次の便に変更してもらって搭乗ゲートに戻った。

広いゲートの待合室に、3人しかいない・・・。

次の便を待つ人はほとんどいなかったのだ。

「あれ?とんでもない判断しちゃったかな?」と心底不安になった。

 

ひまだったのでhuluでドラマを観る。

空港はwifiが無料でありがたい。

 ANAは次の便も朝の時点でいちはやく欠航を決めていた。

ANAだったら希望がなかったので、JALでよかった。

 

結局2時間以上待って、もとから次の便に乗る予定の人でゲートが混雑した。

ドキドキしながらアナウンスを待っていると、飛ぶとのこと!!

心底助かった。

本当にラッキーだった。

 

初めて欠航を経験して、飛行機って意外と飛ばないリスクがあることに気づいた。

飛行機って思ったより天候の影響を受けやすいのだな〜。

台風なら分かるけど、濃霧や強風でも欠航するから。

 

普通に運行するってことは有難いことだ。

 

 

パラダイス山元の飛行機のある暮らし―――年間最多搭乗1022回「ヒコーキの中の人」が贈る空の過ごし方

パラダイス山元の飛行機のある暮らし―――年間最多搭乗1022回「ヒコーキの中の人」が贈る空の過ごし方

 

 

関連記事

www.m-forest.net

www.m-forest.net

www.m-forest.net

www.m-forest.net