モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

英語で名前を聞かれたら下の名前だけ答えるほうが親切

f:id:nemie:20160429090648j:plain

英語で名前を聞かれたら、苗字と名前のどっちで答えるだろうか。

 

日本語で名前を聞かれたら、かなりの人が苗字だけ答える。

「鈴木です」「高橋です」など。

以前フルネームで答えたら「わざわざフルネームでありがとうございます」とちょっと驚かれてこっちが驚いた。

それほど、日本で名前といったら苗字なのだ。

 

でも英語だったら下の名前だけ答えることが多い。

フルネームで答えても、苗字なんて聞いてない。

ただでさえ日本語の名前は難しいし。

だったら最初から名前しか言わない。

"I'm Keiko." 

(私はケイコです)

ってなもんだ。

そのほうが覚えやすくて親切。

逆に日本では、フルネームで名乗られても苗字しか覚えてない場合も多い。

下の名前は親しい人以外にとって、おまけみたいなもの。

 

 

驚くことに、外国人が持ち物に名前を書くとしたら下の名前だ。

ノートとか傘とかロッカーに名前を書くとしたら

John, Kent, Bill など。

日本だったら絶対に苗字を書く。

でも逆なのだ。

Johnってどのジョンのことですか??

ってならないのだろうか。

 

ロッカーに「よしお」「たけし」なんて貼ってたら

「どのよしおだよ〜!」って思いそう。

 

でもよく考えると外国人も「どの鈴木だよ〜!」って思ってるかも。

苗字だってよくかぶる。

 

そんなわけで、利便性はほぼ変わらないことに気づいた。

あとは家(苗字)と個人(名前)のどっちを大事にするかの文化の違いなのだな。

 

 関連記事。

www.m-forest.net