読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

「外資系あるある」苦手な研修を英語で受けるのが辛い

英語での研修

仕事で必要なあるスキルが足りたいため、毎回他の人に聞いたりして苦労している。

そこで、研修を受けて勉強しようと考えた。

会社にはたくさんの研修プログラムが用意されているため。

 

・・・しかし、外資系なので研修が全部英語なのだ。

ただでさえ苦手な分野の新しいことを、英語で習うのはハードルが高い。

日本語で受講しても理解できるか分からないというのに。

 

効率から考えて日本語で外部の研修を受けたい、と上司に言ったが無駄だった。

英語がムチャ堪能な上司は「そう?英語でも一緒でしょ。」という反応だった。

 

英語を聞きつつ新しい内容を理解できるのだろうか。

まず用語から分からない。

得意な分野だったら英語でもついていけるだろう。

でも今回は苦手意識が激しくある分野。

 

受けてみて意外と問題ないか、全然ついていけないかのどっちかになりそう。

「受けたけど全然ダメでした」

ということになったら、上司も考え直してくれるかもしれない。

 

まず英語が堪能じゃないと、研修も受けられないのだ。

スパルタだな〜。

 

 

会話もメールも 英語は3語で伝わります

会話もメールも 英語は3語で伝わります