読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

英語発音は必須ではなく趣味の世界だからこそトキメク

f:id:nemie:20151230121447j:plain

ネイティブが英語を話している時よく

「おおー、これぞ完璧な発音!」と感心してしまう。

ネイティブの子供が電車内で英語を話している時でも、
「子供なのにこの発音、天才か!」と。
 
ネイティブだから完璧なのは当たり前と分かっていても、本物に触れるとイチイチ感動する。
特に自分の場合、アールの発音ですごく落ちる感じと短い母音の微妙さがツボ。
アールのすごく落ちる感じはアメリカ英語なので北米の人に限る。
ちゃんと落ちないで中途半端だと消化不良を感じ「ああ、もっと落ちて!」と心の中で叫んでしまう。
 
短い母音は例えばcompanyという単語の最初のカ。
カと言ってしまうとkとaのうちaの音が完全に入るので日本人発音になってしまう。
ネイティブとのcompanyの発音が全然違うので、自分の発音を録音して聞くと日本人発音になっていた。
kとaのうちaは中途半端にしか発音しないのだ。
発音記号は^みたいなやつ。
一瞬の間ちょっとしか発音しない。
その結果、companyの最初はカよりもクに近く聞こえる。
クンパニーみたいな。
この微妙な母音こそ私のツボであり、ネイティブの発音を聞くと耳がハートになってしまうのだ。
 
前に通っていた英会話学校の名言。
子音ができると通じる英語になる。母音ができるとかっこいい英語になる。
まさしく!!
 
時々自分の英語を録音て聞いてみよう。
最近はスマホで簡単に録音できるから。
私の使用アプリ。

 

ちなみに英語が公用語のうちの会社では、発音は大して気にされてない。
帰国子女や海外の大学を出た人は本格的な発音だけど、それ以外は日本人発音でも気にしてない。
通じればいいのだ。
大きな声でハッキリ話せばだいたい通じる。
ということで、発音は趣味の世界だと感じる。
でも趣味って楽しいではないか。
 

 

なぜ私たちの英語は10秒でネイティブ発音になったのか  超かんたん英語発音法「イメージフォニックス」

なぜ私たちの英語は10秒でネイティブ発音になったのか 超かんたん英語発音法「イメージフォニックス」

 

 子音を学ぶのによい本。