読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

英語の会議でビビること プレゼン編

英語学習エッセイ

f:id:nemie:20151230121447j:plain

英語の会議でビビることナンバー1は、自分が前で何か発表するときだ。

 

事前にスライドを作って、いいたいことをブツブツ声に出して小部屋で練習する。

簡単なポイントだけ英語で箇条書きにしておいて、それに沿ってその場で出てくる英語で伝えられるか確認する。

 

ちゃんとした台本は作らない。

何を話すかの台本を作って覚えようとすると、よけいパニクる。

忘れたらどうしよう、というプレッシャーが加わるから。

 

最初は練習して挑んでもビビって手足が震えた。

頭が真っ白になってしばらく沈黙の時が流れたこともある。

 

しかし何でも慣れてくるもので、3回目ぐらいから「あれ?別に平気かも」と思うようになった。

 

忙しい時は事前練習しないでぶっつけ本番でやることもある。

でもやっぱり練習したときのほうがスムーズにいく。

 

最後の質問コーナーが一番手強い。

どんな質問がくるか分からないし、そもそも質問が聞き取れなかったらどうしようという恐怖感もある。

よく分からない時は「確認してご連絡します」でひとまずその場をしのぐ。

 

私は日本語でも人前で話すのが苦手。

でも英語で発表する機会が増えてからは、普段人前で話す時「今日は日本語で話していいから楽だな」と思うようになった。

 

 

英語が会社の公用語になる日

英語が会社の公用語になる日