読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

気軽に自分の英語名を考えて使ってしまおう

英語学習エッセイ

外資系で働いていると、ときどき英語名を持っている人に出会う。

きっすいの日本人なのに。

苗字ではなく、マイケルなどのファーストネームだ。

日本語の名前は外国人にとって言いにくい、覚えにくいためだ。

 

自分の名前と近い人と、全く違う人がいる。

使用方法も単にニックネーム的に使っている人と、名刺にまで刷り込んでいる本格派がいる。

メールアドレスまでニックネームにして完全になりきっている。

 

メールの最後にも「マイケルより」などと書いてくるから、もうマイケルなのだろう。

まさおではない。

こちらもメールするとき「山田さんへ」とは書きにくくなる。

 

最初はちょっと違和感があった。

 

しかし、そもそも職場の中国人は全員キャシーだのジェニーだの、全く本名と関係ない英語名で働いている。

漢字の本名は知らないぐらいだ。

職場ででもオフィシャルに好きな名前で働けるのはすごい。

たまにビザなどの公式文書などで本名をみると、「誰これ?」と混乱する。

でも英語名は覚えやすくて正直助かる。

中国人の名前を全員本名で使うとしたら、覚えるのが大変だろう。

 

私もマチルダという名前をブログで使っている。

マチルダはガンダムのキャラが有名だから、セクシーな印象。

しかしアメリカ人若者には「おばあちゃんの名前の響き」と言われてショックを受けた。

古風な名前だそうなのだ。

 

新しい名前を使うのは最初は恥ずかしいけど、だんだん馴染んできて何とも思わなくなるから不思議。

 

名前って、とりあえず誰のことか分かればよい程度のものなのかもしれない。

英語名も勝手につけて、気軽に使って良さそうだ。

 

 

小説 君の名は。 (角川文庫)

小説 君の名は。 (角川文庫)