読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

英語が共通語の職場でみんながコッソリ使っているもの

英語学習エッセイ

f:id:nemie:20151230121447j:plain

外資系で英語が共通語の職場で働いている。

 

外国人がたくさんいて、日本人もみんな英語が話せる。

入社してしばらくは、「英語が苦手というと驚かれるってどんな環境?」と驚いていた。

 

しかし何年かたつとだんだん見えてきた。

実は影で苦労している人も多いと。

 

多くの日本人がインターネットブラウザのタブの1つで開いているページ。

それは英辞郎 on the web.

無料でオンラインで単語やフレーズを検索できるもの。

www.alc.co.jp

 

かなりの人が開いているのを見たことがある。

またはタブだけを見た。

 

目をつぶっているとネイティブじゃないか?と思わせる達人すらも、時々開いていてビックリする。

「知らない単語がない」なんて状態はありえないから、当然といえば当然か。

 

帰国子女や留学していた人も多いが、大人になってから英語を勉強した人もかなりいる。

コッソリ?英辞郎で単語や表現を調べて使っているのだ。

 

私もヘビーユーザーで、常にタブの1つで開いている。

家でも会社でも電車の中でも毎日使うので、毎月300円払って英辞郎proを契約している。

 

有料版にするメリットはというと。

単語が5000個までタグ付きで登録できる!

(ちなみに無料版は100個までなのですぐ上限に達する。)

これに尽きる。

タグで「仕事」「海外ドラマ」「北米版ゲーム」などとつけておけば、あとでそれぞれのカテゴリーごとにざっと見返すことができる。

わざわざエクセルで単語帳を作らなくても、検索してそのまま「単語帳に登録」をクリックするだけでいい。

 

エクスポートまでできる。

ただ、英単語は意味まではエクスポートで出てこないので、あくまでも登録した単語リストができるというだけだ。

 

そのほか、広告がなくなるのでデザインがすっきりして見やすくなる。

これも嬉しい。

 

職場で電子辞書を使っている人はほとんど見かけない。

そっちのほうが正確なのだろうが、職場で使う英語はツールにすぎないのでそこまで正確でなくても用がたせればいい。

オンラインの英語辞書サービスは、何よりも手軽なので多くの人が使っているのだろう。

 

どんなに英語が上達しても常に知らない単語やフレーズは出てくる。

これからもありがたくみんなでお世話になる。

 

 

www.m-forest.net