読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

耳かきの羽に起きる不思議現象の意外な犯人はアイツだった

妄想エッセイ

耳かきの不思議現象

耳かきと聞いたら思い浮かべるのは、ふわふわの羽毛みたいなのが反対側に付いたものではないか。

 

昔、まさにその耳かきを、ドレッサーの入れ物に刺していた。

耳かきはこんなやつね。

G-2155 匠の技煤竹耳かき 梵天付き

G-2155 匠の技煤竹耳かき 梵天付き

 

 

しばらくして不思議なことに気付いた。

フワフワの部分が定期的に、縮まって固まりになっている。

全然フワフワじゃないのだ。

 

私はほぐして元のふわふわ状態に戻す。

しかし、しばらくしたらまた固まりになっている。

気候や湿度の せいかと不思議に思いながら、それを何度か繰り返した。

 

ある時、決定的瞬間を目にした。

 

飼い猫がフワフワ部分をなめて丸めているのだ!

その結果、ぐっちょりして綿の固まりになっていた。

羽毛か何かが使われていて鳥の匂いがするのだろう。

 

「そう来たか〜!」と脱力した。

でも、私が羽をほぐすたびに、かわいいアイツがやってきてペロペロしてたのかと思うと心が和んだ。