読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

外資系のエレベーターで起こる気まずい状況

英語学習エッセイ

f:id:nemie:20160411081016j:plain

外資系では、文化の違いで気まずい状況になる時がある。

 

会社のエレベーターに乗ると、日本では女性がボタンを押すことが多いのではないか。

女性がサポート業務やお世話系の仕事につくことが多いからと思われる。

私はあんまりボタンの前には立たないようにしているけど、明らかに会社の偉い人と同乗した時は押すようにしている。

 

先日の話。

外国人の偉い人(男性)と、その部下の日本人(男性)でちょっと偉い人と、私(女性)の3人でエレベーターに乗った。

私はボタンの前に立って、1階についたので2人が降りるまで開くボタンを押して待っていた。

すると日本人の人は「ありがとう」と言って降りた。

私的にも何の問題もない。

しかし、外国人がドアを押さえて「あなたが先にどうぞ」とレディファーストを発揮した。

それならばと思い私は気軽にthank youと言って降りた。

「どうぞ、どうぞ」と譲り合うのもなんだかな〜と思って。

 

そこで日本人男性に気まずい思いをさせるとは気づかなかった。

彼は動揺して「日本人の癖でつい気が利かなくて、ごめんね〜」と焦って言った。

この一連の流れだと、先に降りた日本人が気が利かない人みたいになってしまったのだ。

なんか悪いことをしたな。

 

でも、どうすればいいのだ!

そもそもボタンを押さなきゃいいのか。

それだと私が気が利かない感じになって、気まずいじゃないか。

 

結局文化の違いを中和するために

「どうぞ、どうぞ」と譲り合った結果どっちかが折れる、

という一連のやりとりが必要なようだ。

面倒くさいな(笑)

 

 

ビジネス英語は磨けば変わる!したたか英語 しなやかマナー

ビジネス英語は磨けば変わる!したたか英語 しなやかマナー