読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

カメラ好きの残念な点・・・、それは自分の写真がないこと

妄想エッセイ

f:id:nemie:20160327200205j:plain

写真撮影が好きな人の残念なことは、自分の写真がないことではないか。

 

2年前から写真に興味がわいて、写真教室に通いギャラリー展示にも挑戦した。

会社の飲み会や、家族とどこかに行くとき、邪魔にならなければミラーレスを持参する。

 

そこで常に残念なことは、自分の写真がないこと!

自分が撮ってるので、自分は写ってないのだ。

 

写真を整理するとき、自分の写真が少なくて残念な気持ちになる。

時々頼んで撮ってもらうけど、圧倒的に数が少ない。

頼むのが面倒なので全く写ってないときも多い。

 

自分が入ったこの構図で撮りたい!

と思うときがあるが、自分では撮れなくて歯がゆい思いをする。

 

ミラーレスのほかに自撮り棒も持ってるけど、使える場所が限られてて出しにくい。

しかも自撮り棒を使ってもスマホでしか撮影できない。

 

写真撮影は好きだけど撮られるのは好きじゃない、という人もいるかもしれない。

でも自分もその場にいたことを思い出したいので、私は撮って欲しい派。

 

写真係となっている人がいたら、その人も時々写してあげて欲しい。

 

 

[新版] 自分のイメージを表現するための撮り方手帖

[新版] 自分のイメージを表現するための撮り方手帖

 

 この本いいです!